ブログ移転のお知らせ

Biglobeブログのサービスが今年一杯で終了となりました。 そのため新ブログに現在記事を移管中です。 以下のURLからご覧ください。 鋸南暮らし:https://sousei762.com/ ※記事数が多いため、順次移行予定です。
コメント:0

続きを読むread more

保田駅前にオープンしたパクチー銀行

保田駅前にパクチー銀行がオープンしました。 旧館山信用金庫の建物を利用したカフェとなります。 マスターは保田の踏切にあるフナトで鋸南エアルポルトを主催している佐谷さん。 鋸南エアルポルトはアーティストのシェアオフィスとのことで、エアルポルトの存在は知っていても、アートの人ではないので接点がありませんでした。 今回…
コメント:0

続きを読むread more

リニューアルオープンした南房総ラーメン

良く晴れた日の保田海岸です。亀ヶ崎、鬼ヶ崎の先に浮かぶ浮島がよいアクセントになっています。 反対側は鋸山と明鐘岬、保田海岸は鋸南町で最も長大な海岸線になっています。明鐘岬の先にうっすらと富津岬が見えています。 この保田海岸に国道から入るところに黄色く塗られたお店が南房総ラーメン、保田商店街にあった味乃一が移転しました。 …
コメント:0

続きを読むread more

今期もオープン!藁珈琲洞

12月になって佐久間ダムは水仙が咲き始め、鋸南町全体で水仙まつりが始まります。 湖畔にあるカフェ、藁珈琲洞でも今期の営業が始まりました。12月の最終営業日でしたがコーヒーを飲みに行ってきました。 店内はのんびりと落ち着いた雰囲気で、穏やかな時間が流れています。 注文はいつものブレンドコーヒーと、プリンにしました。合…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場8-鋸山の道についての考察編-

地元の方と元名石切り場について話をする機会があったので、元名石切り場シリーズの考察記事をもう1本Upします。 昔は日本寺に拝観料がなく、タダで出入り自由な、町の人たちにとって鋸山が非常に身近な存在であったということです。子供の頃は鋸山の山中を駆け回っていたとのことで、元名石切り場の存在もご存じでした。 日本寺復興のため拝観料…
コメント:0

続きを読むread more

クラシックコンサートin鋸南

12月に鋸南町内にある築200年を超える古民家にて演奏会が行われました。一応、私自身も関係者ということになっていますので、簡単にご報告させていただきます。 会場になった古民家はお店として来年オープン予定となっていますが、現在は個人宅です。そこに良いピアノが置かれていることから、何かのイベントをやりたいねという話をしていました。 …
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場7-車力道についての考察編-

自動車道についての考察をする中で、この道はいつから使われていたのかが気になり始めたので、さらに調査を進めます。 本ブログでも度々登場する明治19年の迅速即図です。表示されている道を赤でなぞってみると面白い事実が判明しました。 山行がのヨッキさんが辿った元名ダム(水色)から延びる明治の車力道が存在しておらず、山を一つ迂回した後…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場6-自動車道についての考察編-

第1回の石切り場探索は終了しましたが、気になったのは元名石切り場がいつまで活動していたのか、ということになります。 見晴台付近は明らかに自動車を利用して機械による採石が行われていた痕跡がありました。それを探っていきます。 こちらは国土地理院にある1974-78の航空写真になります。今回アプローチした自動車道の入口付近に建物が2つ…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場5-丁場大2編-

丁場大1の掘割を確認した後は、ここから斜面を下っていきます。山行がによると車力道の跡を辿っていくと明治の素掘り隧道に到達するとのこと。そちらを目指していきます。 この丁場から車力道に下りるところが荒れていて、なかなか大変でした。垂直の丁場があるということは、その脇を台風の暴風が通過していったということなのかもしれません。 …
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場4-丁場大1編-

見晴台から丁場中を経て道を進んでいくと目の前に白亜の絶壁が出現しました。山行がのヨッキさん命名の唖然丁場というのが事前調査した位置関係から相当します。矢印の位置から丁場の中を覗き込んでみました 覗き込んでみると結構深さがありますが、水没丁場のように水が溜まっている様子はありません。 中に入ってみると、とにかく丁場の高さを…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場3-見晴台編-

ドラム缶広場を過ぎてまっすぐ進むと再び広場となり丁場が出現しました。奥行きはそんなにありませんが、左右に広がっていて幅が広いです。 よく見ると丁場の上に小さな石祠がありました。山行がのヨッキさんの命名した石祠丁場です。規模が中規模なので私は丁場中と呼ぶことにしました。 広場は丁場に沿って左右に広がっていますが、まずは左方…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場2-水没丁場編-

自動車道を登っている途中、左手に見えた石の壁に誘われて行ってみると、そこは丁場(石切り場)となっていました。 光の関係で分かりずらいですが、下には水が溜まっており、先達さんが発見した水没丁場ではないかと思われました。 大きさはそれほどでもなく、横を見ると切り出した石材の搬出口らしきものも発見しました。 先達さんが記…
コメント:0

続きを読むread more

鋸山に埋もれた元名石切り場1-昭和自動車道編-

鋸山は金谷側から登山道が整備されており、かつての石切り場を見ながら登山を楽しむことができます。 東京湾を一望する景色と、ラピュタに出てくるような垂直の壁が苔むした景色とが魅力で多くの観光客が訪れています。 鋸南町のある元名側には日本寺があり、山頂の展望台と千五百羅漢、そして大仏が見どころとなっています。 しかし実は元名側で…
コメント:0

続きを読むread more

徐々に整備されてきた平群ハブ

岩井の富楽里から県道89号線をまっすぐ走って平久里に入ったところにある平群小学校跡地、へぐりマルシェには台風前に行きました。 小学校の校庭にテントを出して移住者たちのコミュニティができていましたが、今回通りかかると見慣れない緑の看板。 私が知っていたのはレンタルサイクルのみでしたが、平群ハブとしてコワーキングスペースやカフェ…
コメント:0

続きを読むread more

陸上でのエビ養殖が名物になる

房日新聞にこんな記事が掲載されていました。Yahooニュースにも転載されていて、話題になっていました。 農業用ハウスでバナメイエビを養殖 鋸南(千葉県) 耕作放棄地や休耕田は町内にたくさんありますが、そうした場所でブランド化された商品を作っていけるというアイディアは面白いですね。 使われていない町の資産は有効活用してこ…
コメント:0

続きを読むread more

新規オープン!Kanaya'sKitchen703

金谷の居酒屋おふくろを何度かご紹介していましたが、残念ながらいったん閉店となりました。 代わりに同じ場所にオープンしたのがKanaya'sKitchen703です。 外観はカラフルな雰囲気に模様替えしましたが、金谷港に入るフェリーのエンジン音の聞こえるテラス席は変わりません。 ビールメニューも豊富で夜に居酒屋として営業…
コメント:0

続きを読むread more

もみじロードのキッチンカーCHIBIZO

もみじロードの途中にある休憩所にキッチンカーが来ています。富津市の観光協会の作ったPR動画で見つけたので見に行ってきました。 休憩所はトイレとベンチ、それと不動様の名水が汲めるようになっています。 週末は多くのクルマやバイクで混雑しており、もみじロードにツーリングに来た人たちの休憩所として機能しています。 休憩所の…
コメント:0

続きを読むread more

千倉にあるドライフルーツ専門店 AMBESSA アンベッサ

千倉にあるドライフルーツの専門店、AMBESSA アンベッサに行ってきました。 千倉方面は鋸南町から館山を超えたその先なので、なかなか出かけることもないのですが、いい機会になりました。 千倉は高家神社に行った時以来ですかね。 房総地域を南北に縦走する国道410号線は南端の千倉に入ってから向きを西に変え、房総半島の外周をなぞ…
コメント:0

続きを読むread more

山の中にある自然を感じるレストラン るんたのにわ

鋸南町の最奥、横根の山の中にあるるんたのにわへお邪魔してきました。 マクロビのオーガニックレストランで少人数の完全予約制ということで、なかなか行こうと思いつつも行けなかったお店です。 細くて急な道を登って行って、山の中にぱっと開けた斜面にありました。 周りは本当に人工物が電信柱の1本もないという、町内にこんなところがあった…
コメント:1

続きを読むread more

黄金アジを楽しめる鋸南食堂

保田の国道127号線沿いにあるこのお店。以前太刀魚専門店のカタナヤがあったところです。 いつの間にか工事が始まっていたのを見ていたのですが、オープンしたという情報を見かけて行ってみることにしました。お店の名前は鋸南食堂です。 喫茶みゆきの看板のところに営業中の幟が出ていましたが、お店の看板をもってアテンドしてくれていました。…
コメント:0

続きを読むread more