南房総の酒 寿萬亀

南房総の地酒として昔から有名なのは鴨川の寿萬亀です。長狭街道を鴨川へ行ったときに、その寿萬亀の立派なお店を発見しました。 以前、富津の小泉酒造を紹介したことがありますが、寿萬亀の亀田酒造も同じようなことをやっていたのですね。 敷地内には土産物店や醸造タンクがあって、なかなか立派なつくりです。 ガラスの酒…
コメント:0

続きを読むread more

金束513へ再び

昨年末に初訪問した金束513へ再び行ってきました。 鋸南町の保田から長狭街道の横根峠を越えて平塚交差点の先にある古民家カフェです。 平屋の古民家を大々的に改装し、古い農家の黒々とした柱や梁が印象的でした。年が明けてから来るのは初めてになります。 前回はテーブル席でしたが、今回は奥の座敷にしました。こうして畳…
コメント:0

続きを読むread more

もじくの新メニュー さつまいもパフェ

お馴染みになった鋸南町役場裏のカフェもじくです。 記事にするのは久しぶりですが、家から徒歩圏内ということでよくお邪魔しています。台風被災後は全国から集まったボランティアさんで賑わったりもしていました。 オープンして1年を過ぎ、サーターアンダギーや沖縄そば、から揚げ定食といった新メニューが加わっています。地元にもすっかり根…
コメント:0

続きを読むread more

山の枇杷畑復活のアイディア

鋸南町と南房総市は枇杷の生産が盛んで、皇室献上品の枇杷もここで生産されています。 地域の一大ブランドですが、近年はサルの被害が深刻です。 枇杷は1つ1つ袋掛けして育てるのですが、サルは袋のついているものから取っていってしまいます。 山の斜面にある知り合いの枇杷畑は、子供の頃に行ったことがありますが、現在は完全に放棄されてい…
コメント:0

続きを読むread more

竹岡のブランド つりタチウオを鋸南町へ!

一昨年、閉店してしまった保田のタチウオ専門店カタナヤさん。信じられないほど脂がのっていて柔らかい太刀魚のフライは絶品で、こんなに旨いものには巡り合ったことがありませんでした。 何度も通ってブログでも紹介しましたが、残念なことに1年持ちませんでした。ご主人が漁船に乗って漁を手伝うようになったという話は聞いていたので、料理屋から漁…
コメント:0

続きを読むread more

元名のリゾートゆうみ

鋸南町でもっとも成功している旅館が安房温泉 紀伊乃国屋です。紀伊乃国屋はもともと鋸南町に数多くある民宿のひとつでした。 鋸南町では昭和30年代頃からバブル期にかけて、夏場に大量に押し寄せた海水浴客に対応するために、ちょっとでも場所のある家が民宿をやったり、旅館を始めたりして大変な賑わいでした。 勝山の隣にある岩井では今でも民…
コメント:0

続きを読むread more

陸上で魚を育てる話

アジと金魚が同じ水の中で泳ぎ、その水で小松菜が水耕栽培されている。岡山理科大学の山本俊政准教授が開発した人工飼育水「好適環境水」のお話。 ネットで発見した記事ですが、これは鋸南町にも導入できるのでは!?と思ったので記事にしてみました。 海を知らない海水魚を養殖する。「農漁」が世界の食を変える。 https://wired.…
コメント:0

続きを読むread more

元名にオープンしたソフビ怪獣博物館

元名の鶴ヶ崎神社を巡っていた時、参道入り口にでんこちゃんを発見しました。 「えっ、こんなところに!?」と驚いて覗いてみると、ソフビ怪獣博物館とありました。「なんだ なんだ」という感じで中に入って見学です。 中に入ると部屋の両側にずらりと怪獣のソフビ人形が並んでいます。こんな愉快な場所が鋸南町にあるとは思いませんでした…
コメント:0

続きを読むread more

元名の町内に佇む鶴ヶ崎神社

元名の町中を散策していて鳥居を発見しました。住宅地の真ん中にポツンと現れたので、これは一体何だろう? 鳥居をくぐると、真っ直ぐ行った先に神社を発見しました。参道の両脇は普通の住宅や畑があるので、ちょっと不思議な感じがします。 元名の鶴ヶ崎神社です。背後の小山は保田と元名を隔てる八幡山です。 江戸時代の初期、慶長年間…
コメント:0

続きを読むread more

2022年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に期待!

2022年の大河ドラマが三谷幸喜の「鎌倉殿の13人」に決まりました。源頼朝に従う13人の御家人たちの中から、北条氏が権力を握っていく流れを描くストーリーです。 2022年 大河ドラマ「鎌倉殿の13人」 三谷幸喜が贈る予測不能エンターテインメント! http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/origina…
コメント:0

続きを読むread more

三芳のオーガニック 八木農園

オーガニックにこだわっている妹が無農薬のゴマが欲しいということで、探しているうちに、三芳で無農薬野菜をやっているという情報がヒットしました。百姓屋敷じろえむ へ行く途中辺りだなということで、鋸南町からは比較的近くにあるので行ってきました。 平久里、犬掛、滝田を経て三芳に入ると山間の風景から一気に視界が開けて、館山平野に入ります。 …
コメント:0

続きを読むread more

復活に向けて再建中のCafeエドモンズ

正月にEテレで放送されたハルさんの休日SP、金谷のCafeエドモンズが取り上げられていました。 ハルさんの休日第1回の放送がCafeエドモンズで、私もブログを始める少し前に初めて訪れ、そこから何度か足を運んでいました。合掌造りの古民家に所狭しと並べられた美術品とピカピカのエスプレッソマシンに圧倒され、コーヒー好きの友人を連れてきた…
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年ー令和2年ー

明けましておめでとうございます。 2017年9月に開設した本ブログは3年目に突入しました。投稿した記事は400本を優に超えていますが、南房総鋸南町の魅力を伝える活動はまだまだ継続していきます。 昨年は思いもよらぬ台風15号の襲来により我が家も被災し、二拠点生活ながら被災者の立場を初めて経験することになりました。 台…
コメント:0

続きを読むread more

保田の観光資源を再発掘

小水力発電の記事の中で、鋸山ダムと元名ダムについて調べている中、鋸南町史にこんな記述を見つけました。 鋸山ダムと保田温泉付近 上水道水源地は十四万トンの水をたたえる山峡の人造湖で、保田観光協会が桜樹二千本を植え、鮒二百貫を放流したので、将来は観光の一ポイントとなろう。下流三百mに保田温泉ホテルがある。硫黄泉、別に大衆の入浴設備も…
コメント:0

続きを読むread more

鋸南町のマコモダケ栽培 お試し編

10月の保田小学校のピザ屋さん、DaPeGONZOの季節のピザ「チョクバイージョ」は長ネギとマコモダケのピザでした。 ちょっと前に栃木の方の農業体験イベントの一環で、マコモダケを採ったことがあります。自然農とかオーガニックに興味がある人は周りにいるものの、自分自身は熱心に研究していないので、「身体に良いらしい」という話しか知りませ…
コメント:0

続きを読むread more

台風被災者のメンタルコントロール

鋸南町を襲った台風15号の後、Twitterアカウントを開設して情報発信を続けてきました。その中で被災地の人々とネット上の反応のギャップを感じることが何度もありました。 直接会って会話すると「もう大変だよ~」と言いつつも、周り皆が大変なので、吹き飛ばされた屋根や雨戸の応急処置や瓦礫の片付けに追われていました。支援物資を満載して駆け…
コメント:0

続きを読むread more

今年もオープンしました藁珈琲洞

12月は鋸南町の特産である水仙が町のいたるところで花を咲かせます。特にメジャーな観光スポットなのが、佐久間ダムと江月水仙ロードです。 その佐久間ダムに水仙の季節から、桜の季節にかけて限定オープンするのが藁珈琲洞です。昨年も何度も足を運んでおいしいコーヒーを楽しみました。 今年は暖かな日が続いているせいか、先日の沢山不動のよう…
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの海猫珈琲店

竹岡の天羽マリーンヒルにある海猫珈琲店へ久しぶりに行ってきました。台風の後で1回だけ店の前を通りましたが、その時はお休みでした。 朝から勝山へ向かう途中、富津中央ICで降りて海猫珈琲店へ向かいます。雨が降っていたので景色は今一つですが、雨の日はスタンプカードのポイントが2倍になるという嬉しい特典があるのです。 ブレンドコ…
コメント:0

続きを読むread more

山奥ニートから「田舎暮らしサロン」というアイディアを考えてみた

15人のニートが「超限界集落」の廃校に集う理由 https://business.nikkei.com/atcl/interview/15/238739/011400276/ 日経ビジネスの記事ですが、山奥でニートが集まって仕事もせずに暮らしているという話。以前からこういう人たちも居るという話は聞いていました。 一般常識で…
コメント:2

続きを読むread more

保田神社と空挺レンジャー

ボランティアで鋸南町に来た人にとっては見覚えがあると思いますが、保田神社のご紹介です。国道から長狭街道に入り、内房線の踏切を渡った先にある神社で、台風の瓦礫集積場となったケアセンターすこやかの近くです。 立派な社殿と、その割に何もない境内が印象的ですが、祭りの際にはここで山車がでて大いに盛り上がる場所でもあります。 台風…
コメント:0

続きを読むread more