灯篭坂大師の巨大トンネル

夏休みで親戚の子が遊びに来たので、この辺でちょっと楽しい観光スポットを案内しました。 鋸山になると半日コースですが、ランチを終わってちょっと時間を潰して東京へ帰るというスケジュールなので、真っ先に思いついたのが灯篭坂大師のトンネルでした。 金谷から竹岡駅を経て館山道の竹岡ICの手前、城山隧道の脇にあります。 まずは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金谷マリーナの巨大かき氷再び

暑い夏のランチ、子供連れでどこへ行こうかと考えた時、クーラーもあるし「金谷マリーナへ行こう!」となりました。 なんといっても店内から海が一望できるのが素晴らしいロケーションです。写真の岬の向こう側から金谷港を出発した東京湾フェリーを間近に見るのもポイント高いです。 以前来た時はオムライスでしたが、今回はハンバーグをチョイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カツオの風味が濃厚な道端屋の塩ラーメン

金曜夜の仕事終わりに勝山へ直行。夜遅い時間にやっているお店となれば、お馴染みの道端屋です。 夜の9時半に到着したのがラーメンと焼き肉丼のセット。 今回は醤油を塩に変更したうえで、バターをトッピングしました。 トロっとしたチャーシューは相変わらず美味。 そして塩ラーメンは初めての注文でしたが、かつお節の濃厚な風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

珍しい高級魚 真こちの煮魚定食

最近夕食でお世話になっているばんやです。 お目当ては真ごちの煮魚定食。 真ごちは普段、魚屋で目にすることの少ない魚ですが、料亭などで使用される高級魚です。 以前、隣で食べているのを見て「次はこれだ!」と思っていました。 少々小振りではありますが、白身の柔らかい食感と煮汁の甘辛い味が合わさって美味でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間川河口から見た美しい夕日と富士山

夕方、6時を過ぎると美しい夕日を見られるのが勝山の素晴らしい所です。今回は勝山海岸から大黒岩に向かって、のんびりお散歩しました。 写真は佐久間川の河口付近です。穏やかなで鏡のような海岸と河口、みささぎ島の先に沈みゆく夕日が美しい。 見てみると何と8月なのに富士山が見えました。富士山に日が沈んでいく風景は1枚の絵のようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金谷マリーナのお洒落なかき氷

夏になると庭の雑草取りが凄いことになっており、毎週のように草刈り機を使っての草刈りを行っています。 この日も昼過ぎまで草刈りをしていたので、甘くて冷たいものを求めて先日訪れた金谷マリーナを再訪しました。 前回は高波で荒れていましたが、今回は穏やかな景色を見せてくれました。 お目当てはこちらのかき氷。 「表…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹岡ラーメン発祥の店 鈴屋再訪

珍しく土曜の午前中に東京を出発して勝山へ。途中滝の不動尊によって水汲み&直売所の買い物の予定だったのですが、「あっ!」と思ったときには館山道の富津中央ICを通り過ぎてしまっていましたww もともと買い物の後で、勝山のどこかでお昼のつもりでしたが、急遽次の竹岡ICで降りることに。 そうなるとニコニコドライブインという手もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海水浴の穴場スポット 勝山の海水浴場

鋸南町での海開きは先週の20日に行われました。今回行ってみると大六海岸は台風の影響もあったのでしょうが、海水浴客は少なくて閑散としています。 大六海岸は勝山海岸よりも波が穏やかで、子供のころから海で遊ぶ時はいつもここでした。 江の島辺りの海水浴場は毎年大混雑ですが、南房総の海水浴場はガラガラです。 東京から1時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道端屋の冷やし中華

勝山地区祭礼で商店街のお店は臨時休業となっていた為、お昼をどうしようかとフラフラ歩いて道端屋へ辿りつきました。 国道沿いだし、勝山の中心部である商店街からは距離があるので空いてるかな?、という予想は当たり元気に営業中。 7月に入り暑さもあるのでメニューは冷やし中華にしました。 夏だけのメニューにしているところも多い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝山地区祭礼

7月13日は勝山のお祭りでした。勝山地区の各神社で一斉に神輿や担ぎ屋台が街を練り歩きます。 竜島の神明神社、見に行った時は既に出発した後でしたが、神社はお祭りモードになっています。 竜島漁港に出てみると八王子神社は天高く幟がはためいていて気持ちがすっとしてきます。 竜島から勝山商店街に行く途中で、街を練り歩いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東の戦国-2-長享の乱

関東で戦国時代の幕を開けた享徳の乱、古河公方足利成氏と関東管領上杉氏の争いは28年もの長きにわたりました。 上杉氏の本家は山内上杉家ですが、この戦乱で存在感を強めたのが相模守護であった扇谷上杉家です。 扇谷上杉家は家宰太田道灌によって利根川沿いの江戸城、岩槻城、河越城を築城して、対古河公方の最前線を構築しました。これをきっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東の戦国-1-享徳の乱

戦国時代、房総半島には里見氏という一大勢力が存在し、関東の覇者である北条氏と激しい戦いを繰り広げていました。そのため存在自体は知っていたのですが、里見氏がどのようにして勢力を伸ばしていったのかについてはよく知りませんでした。 これから何回かに分けて関東の戦国時代を纏めていきたいと思います。 室町幕府を開いた足利尊氏は下野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お洒落な金谷マリーナレストラン

出かけたついでにお昼をどこで食べようかと思いながら辿りついたのは金谷マリーナのレストランでした。 館山道の金谷IC出口目の前にある新しい建物で、いつもお店の前を通っていたのですが、何だかんだで利用することなく通り過ぎていました。 マリーナのレストランということでは竹岡マリーナも同じなのですが、こちらの方が新しい分新鮮でお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵な庭と美味しい食事 ルーラルガーデンカフェ

今シーズン始まって初めてになりますが、ルーラルガーデンカフェへ行ってきました。 英国庭園風の素敵なお庭が素晴らしいお気に入りのカフェで、既に何回も記事にしているオススメスポットです。 美しい季節の花々を楽しみながら駐車場から緩い坂道を下っていきます。 見えてきたのは花に囲まれた素敵な古民家。この雰囲気に魅か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の沢山不動へ

昨年の秋に訪れた沢山不動。紅葉が終わりがけだったこともあり、景色の良い季節には、この素晴らしい絶景スポットへの再訪を誓いました。 実際は1か月ほど前の訪問で、新緑の季節となり、青々とした木々の美しさが見られるに違いないとやってきました。 滝田城から増間へ向かい、集落の中の最奥、ナビにも載っていない道を通って林道長沢線の入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬掛の癒しスポット 田舎の家

岩井から平久里へ出て、県道88号線を下って行くと次は犬掛、そして滝田、三芳と続いていきます。 その88号線を通っている時に「田舎の家」という看板を見かけました。 ネットを見ても情報らしい情報がないので、どんな場所なんだろうと気になっていたところです。 今回初訪問ということで、こちらがカフェ田舎の家です。 犬掛の県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大六海岸~鱚が浦散策 日没編

ばんやでの食事を終えて時刻は午後7時。残念ながら日没は終わってしまったようですが、黄昏時の保田漁港には富士山のシルエットがはっきりと浮き上がっていました。 テクテクあるいて鱚が浦。サンセットブリーズのサッカーコートの先に浮かぶ富士山の様子です。 時間も遅いのでサーファーは撤収したようですが、それにしても波が防波堤ぎり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ばんやの夕食 石持唐揚げ

散歩の後で到着したばんやです。 ボリュームに対して安い値段で魚が食べられるのが嬉しいスポットです。 今回は石持の唐揚げにしてみました。石持は岩井の地曳網の中にもいたと思いますが、食べたのは初めてです。 まるまる1匹が唐揚げになっているのは、以前に食べたサバと同じような感じです。 石持は背中から開いているみたいです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大六海岸~鱚が浦散策

畑が強風でやられた日、一通り作業も終わったので大六海岸からばんやまで歩いていきました。夕方6時の食事に行ったのですが、普段はクルマで通り過ぎるところを、のんびり景色を見ながら歩いて行きます。 強風かつ波浪警報発令中ということで大六海岸に流れ込む大六川の河口もすっかり波で洗われているという、なかなか見ることのない光景です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強風の家庭菜園

土曜日は本格的な雨でしたが、日曜は快晴。夜中に雨の音が終わると共に家の中には「ゴオー」という強い風の音が響いていました。 夜中に勝山に着いたので、畑のトウモロコシが目線の高さまで育っていることに驚きつつ家に入りましたが、夜が明けるとバッサリと倒れているという残念な姿。強風になぎ倒されてしまったようです。 トウモロコシの花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more