佐久間川の景色と内房の山里

画像

勝山に流れる佐久間川です。保田に流れる保田川もありますが、まず鋸南町一の大河と言ってよいでしょう。勝山の航空写真にもくっきり写っています。

大黒岩勝山海岸の間に注いでおり、河口にかかる渚橋は美しい姿をしています。この橋の上から眺める夕日もまた素敵な景色です。浮島が近いせいでまた違った雰囲気を味わえます。

画像

渚橋にはちょっとした張り出しが設けられており、そこから景色を眺め、写真を撮ったりできるようになっています。

静かな海面と浮島みささぎ島を目の前に見るきれいな景色です。

画像

上流側を見ると津野辺山富山を見ることが出来ます。


画像

佐久間川という名前の通り、遡っていくと下佐久間中佐久間上佐久間と続き、佐久間ダムに至ります。中佐久間より奥が昭和30年までの旧佐久間村ということになります。

下佐久間中佐久間の間に館山道の鋸南富山ICが出来たので、クルマで来るときはここを利用することもあるかもしれません。ここは佐久間村勝山町の境界だった付近でもあります。

海沿いに発展した勝山と違い、佐久間の方には完全に山間の風景が広がります。この辺りが房総半島の地形野凄まじいところで、海辺の村と山村が近い範囲に同居している訳です。

上佐久間には鉱泉である「笑楽の湯」(公式HP)があり日帰り入浴が楽しめます。

佐久間ダム頼朝桜(河津桜)ソメイヨシノなどが沢山植えられており、特に頼朝桜は早咲きなので2月から4月にかけてお花見を楽しむことが出来ます。梅雨の時期にはアジサイも美しいです。

ダムに入らず更に川をさかのぼっていくと、地名はその名も奥山に変わります。この辺りが佐久間川の源流です。

奥山の先は長狭街道と房総半島内陸の町である平久里を結ぶ県道88号に接続していますが、Googleマップで航空写真を見ても集落は無く、ポツリポツリと民家が散らばっているようです。

平久里は房総内陸部に広がる広大な平地ですが、ここはもともと安房の国府があった場所だそうで、奈良・平安時代は南房総の中心だったのでしょう。

保田からは鴨川へ向かう長狭街道が房総半島を横断していますが、勝山から内陸に向かうルートは事実上ここで行き止まりです。

ちなみに佐久間ダムの先には「をくずれ水仙郷」という水仙の名所で冬場に訪れたいところです。

をくずれ」って何だろうと思っていたのですが、地図を見るとこの付近の地名は「大崩」。さすがに観光地にこの字はまずいだろうということで平仮名にしたんでしょうね。

見ただけで土砂崩れがありそうな気配がプンプンします。広島の土砂災害の時に話題になりましたが、こういう名前は安易に変えず、地形に対する歴史からの警告として大切にしたいものです。




ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 笑楽の湯

    Excerpt: 勝山の下佐久間から国道127号線を分かれて県道184号線に入ると佐久間の町に入ります。佐久間はこちらでも紹介しましたが、鋸南町の山間部の町で、行き着いた先には佐久間ダムがあります。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2017-10-03 12:07
  • みささぎ島と富士山

    Excerpt: みささぎ島は大黒岩のある岬の先にある小さな島です。佐久間川にかかる渚橋から撮った写真がこちらになります。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2017-12-13 10:05
  • 謹賀新年ーこれまでのまとめとお勧めランキングー(平成30年)

    Excerpt: 新年あけましておめでとうございます。 写真は年末に佐久間川河口の渚橋からとったみささぎ島と富士山です。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2018-01-01 08:29