天空の村~をくずれ水仙郷~

画像

前回をくずれ水仙郷の佐久間ダム編という内容でしたが、今回はをくずれ水仙郷に入っていきます。
画像

佐久間ダムから坂道を登っていくとをくずれ水仙郷の看板を掲げた直売所に到着します。水仙の他、自家製の梅干しや干し柿、梅酢なんてものもありました。

この直売所のT字路を左折するとトンネルを抜けて長狭街道沿いの横根地区に入ります。昔はひと山越えて横根村と往来していたのでしょう。

画像

T字路を右折すると大崩地区です。をくずれ水仙郷の「をくずれ」とは漢字で「大崩」と書きます

山の中の集落で主要幹線から外れたところにある点は江月とよく似ています。なんといっても大崩という地名ですから、古い時代に大規模な土砂災害があったのかもしれません。

大崩地区の八雲神社への真新しい案内板が設置されています。をくずれ水仙郷を訪れた人のブログ記事を見ても、佐久間ダムから直売所までの間の写真が多く、こちらはスルーされてしまうことが多そうです。

実際、この先はどこにも通じていないので、私も今回訪問するまでは入ったことがありませんでした。(佐久間ダムと長狭街道の間は何度も往復しているのに・・・)
画像

大崩地区へ向かう道路は両脇に水仙が植えられて、まさしく水仙郷という感じです。ただし、これまで必ず設置されていたガードレールが無くなっています・・・
画像

画像

初めまして大崩地区!!ということで最初に飛び込んできた光景です。山間の平地に開かれた家屋と畑。そこを通る道の両側には水仙の花が満開です。

うわ~、これはいいところだなあ」と一目惚れしてしまいました。
画像

画像

画像

画像

先に江月と似ていると書きましたが、決定的に違う処を発見しました。

江月は山に囲まれた集落を目指して登っていく形で水仙ロードが作られていますが、大崩地区は最初から山の上にあります。そのため常に視界が広く空を見渡すことができるのです

天空の村というRPGに出てきそうな表現がぴったりな光景です。

入口の直売所付近が海抜150mくらい、集落の中を歩いて最高点が200mくらいでした。江月と佐久間を結ぶ見返り峠が海抜100m位でしたから、相当の高さです。
画像

画像

最高点を超えた先にも田畑が広がり、家が点在しています。何百年も前からこういう土地を切り開いて生活してきたのだなあということを実感します。こういう歴史の重みを無言のうちに語ってくれるような光景が大好きです。
画像

奥に道が続いていたので、さらに進んでいくと流石に水仙の数も少なくなり、村の生活道路といった色が濃くなってきました。それでも明確に引き返す理由もないので何となく進んでいくと津森山登山口の標識を発見しました。

鋸南町の最深部、鴨川市との境界にあるのが津森山人骨山です。

この山の向こう側が鴨川市になる。とうとうここまで来たか、という感が強くなります。

・・・ところで道は続いているのだけど、どこで引き返そう??
水仙散策で来ている観光客の姿は最高点を過ぎて以降、全く見えなくなってしまったのだけれど。。
画像

津森山登山口をさらに奥へと進んでいくと再び水仙が増えてきました。黄色く色づいた木々と水仙が作る景色が美しい

水仙が植えられているということは、まだ先に行けるということで、なんとなく誘われるようにして更に更に奥へと進みます。
画像

どんどん奥に進んでいくのに、まだ畑はあるし家もあります。電線もあれば小道もあるということで、大崩村はどれだけ奥行きがあるんでしょう?
画像

進んでいった先に、今度は人骨山登山道入り口。登山できていると思われるクルマが2台ほど駐車されていました。
画像

人骨山登山道入り口を更に進んで奥へ行くと、この頃には1.5車線の道が1車線になっています。既に生活道路ですらない気配がしてきましたが、まだ集落のうちです。
画像

画像

最後の坂道を超えると目の前が一気に開けて里山の景色が広がりました

どんどん人の気配がなくなっていったところだったので「えっ!?」って感じでしたが、案内板が設置されていて、そこには「平塚」の文字。

どうやらひと山越えて鴨川市平塚地区に入ったようです。ということでここが大崩地区の終点、鋸南町と鴨川市の境界になります。

大崩地区の道がどうなっているのか調べずに来たので、てっきりどこかで行き止まりになると思っていたのですが、こういう結果になるとは思いませんでした。ちょっとした冒険気分で楽しんでしましました。


こういう細い道を通って山を越えて隣村へ。昔の道はそれこそ人がすれ違うことが出来る程度の未舗装の道ですから、今でこそ横根から山中、平塚へと長狭街道が立派に通っていますが、こういうのが原風景なのでしょう。

今回は水仙を見に来るのが目的だったのですが、途中から歴史散策の探検となってしまいました。このルート、新緑の季節などでも楽しめそうですね。


をくずれ水仙郷&佐久間ダム 公式HP:http://www.okuzure.com/




ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カタナヤの太刀魚フライは驚愕の旨さ

    Excerpt: 保田に衝撃的な店がオープンしました。国道127号線沿いにあるカタナヤさんです。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2017-12-27 11:57
  • 謹賀新年ーこれまでのまとめとお勧めランキングー(平成30年)

    Excerpt: 新年あけましておめでとうございます。 写真は年末に佐久間川河口の渚橋からとったみささぎ島と富士山です。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2018-01-01 08:29
  • トトロの住処? をくずれ水仙郷の八雲神社

    Excerpt: をくずれ水仙郷を散策していて、最高点の少し手前にあるのが八雲神社です。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2018-01-04 10:42
  • 源頼朝の安房上陸と平定に至る話

    Excerpt: 治承4年(1180年)8月17日、源頼朝は伊豆で平家打倒の兵を挙げ、伊豆国目代・山木兼隆を打ち取ります。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2018-02-06 22:49
  • 桜咲き誇る天空の大崩村

    Excerpt: 水仙まつりの時に初めて訪れ、その里山の光景に魅了された大崩集落に、桜の季節に行ってみました。佐久間ダムが見事な花模様だったので、きっとここも綺麗に違いない!! Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2018-03-11 21:54
  • 房総の秘境 梨沢渓谷 -撤退編-

    Excerpt: 上総湊から国道465号線を通って滝の不動尊と直売所、そしてもみじろーどを通って長狭街道から保田、勝山へと行くルート、これが日中帯に勝山へ行く際の定番コースです。滝の不動尊の湧水を汲み、直売所の安い.. Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2019-04-18 23:01