頼朝を竜島に導いた旗立山

画像

旗立山竜島神明神社近くにある小山です。竜島浅間山の尾根に続いているような格好になっています。

治承4年(1180年)8月29日、伊豆の石橋山で敗れた源頼朝安房国猟島(竜島)に上陸します。その際に先発した北条時政らが旗立山に源氏の白旗を立てて、それを目印にしたと言われています。

この頼朝上陸から安房平定に至る話は以前にも歴史記事にしました。
画像

画像

地元では行山とも呼ばれ、中腹にあるコミュニティセンターには大日堂(観音堂)があります。
画像

画像

画像

また海側には行人墓もあります。古い石仏もありますが、真新しい墓石がずいぶん目立っています。

墓碑がありましたので引用してみます。

この行山は、江戸時代に所在した羽黒山行人寺の大日堂に籠って、別火精進を重ね、はるか修験の山岳信仰で栄えた月山・湯殿山・羽黒山からなる出羽三山を登拝し、擬死再生の宿願を成就して三山行人に名を連ねた人びとの昇華された祖霊の鎮まる墓所であった。

しかし歳月は流れ、今回(中略)精霊を改葬して永く菩提を弔うため、跡地に新たな共同墓地を造立するに至ったものである。


和歌山の方の海難事故の遭難者の墓もあると聞いたことがありますが、特定できませんでした。いずれにしろ古くから出羽三山の信仰がこの地に広まっていたことは間違いないようです。

頼朝もここに祈願し、山頂から手元の槍を投げると、槍は南麓の民家の屋根に刺さりました。この民家は刺さった槍を拝領し、家宝としていたそうですが、残念なことに数代前(ということは江戸末期か明治初期?)に包丁に打ち直し、それも今では失われてしまったそうです。
画像

画像

画像

行人墓は海に面した山の中腹にありますので、ここからの眺めはなかなかのものです。絵を趣味にしていた親戚のおじさんが、ここでスケッチをしていたのが思い出されます。

これなら山頂に旗を立てたら、海の上からでも目立ったことでしょう。


房総の頼朝伝説
冬花社
笹生 浩樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 房総の頼朝伝説 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック