館山観光の目玉! 崖観音

画像

館山にある崖観音に行ってきました。

館山に行ったときに崖の中腹にあるお寺を見つけて、「何だろう?」と思ったのが最初でした。その後、「車あるんですけど」で、崖マニアが南房総の崖を廻る回の時に登場し、行ってみることにしました。
画像

崖観音は正式には大福寺という真言宗のお寺です。お寺のHPにあった説明文を引用します。

崖観音で知られるこの寺は、普門院 船形山 大福寺と称し、真言宗智山派に属する寺院です。
境内の船形山の中腹に浮かぶ朱塗りの観音堂は「崖の観音」と呼ばれ、地元民や近隣の人たちから信心され参拝されています。

この観音堂の本尊は、十一面観世音菩薩で船形山の崖の中腹にある祠に刻まれています。
この本尊は、養老元年(717年)に行基(668~749年)が東国行脚の折に神人の霊を受け、地元漁民の海上安全と豊漁を祈願して、山の岩肌の自然石に十一面観世音菩薩を彫刻したと言われています。
その後、慈覚大師(794~863年)が当地に来錫した折に堂宇が創建されたと言われています。
江戸時代になり承応2年(1653年)2月に観音堂が火災にあい、朱印・什宝・伝記等すべて失いました。
正徳5年(1715年)には観音堂が再建され、朱印も復旧されましたが、明治43年の大豪雨により土砂崩れにあい本堂・庭園とも倒壊してしまいました。

さらに大正12年の大震災で観音堂、本堂が倒壊し、御堂は大正14年に、本堂は昭和元年に建てられました。その後、海風などの影響も大きく経年劣化による観音堂大改修を、1年半かけ行い、平成28年7月に無事完成し現在に至っています。

画像

画像

画像

お寺の駐車場からはまず本堂でお参りします。さすがに本堂の宮彫りは見事なものでした。
画像

本堂の脇から階段を上って観音堂を目指します。その途中にあるのがこちらのお不動様
画像

崖の上には石仏が安置されていました。これは鋸山の千五百羅漢みたいです。
画像

画像

画像

お不動様の先には目的の観音堂です。朱塗りの鮮やかな建物が見えてきました。
画像

あいにくの天気でしたが、御堂からの眺めは素晴らしく、鏡が浦(館山湾)が一望できました。
画像

画像

観音堂の内部も非常に鮮やかで、天井画も見事でした。ここは館山観光の目玉の一つになるのも納得です。

画像

画像

画像

大福寺のお隣は諏訪神社でしたが、なんと火災で焼失したばかりで再建中。仮宮が社務所に設けられていました。

しかし切り立った崖の景色はここでも見事、再建されたらどんな光景になるのか楽しみです。

大福寺:http://www.gakekannon.jp/index.html




ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 那古寺の船形観音と激レア忠魂碑

    Excerpt: 館山の那古寺に行ってきました。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2019-01-03 13:59
  • 館山の隠れ家トリノカフェ

    Excerpt: 館山に素敵なカフェがあると聞いて行ってきました。館山の市街地では中村屋くらいしか知らなかったので、いろいろ開拓してみたいと思っていたところです。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2019-03-12 21:30