勝浦のオススメ観光スポット 海中公園③

画像

前回の続きです)
海中で魚の群れを楽しんだ後は階段を上って海上に帰ってきます。

上り専用の階段を上がると展望室に到着です。
画像

画像

リアス式の海岸線の美しい景色を堪能・・・、と言いたいところですが、強風による大しけで海面が真っ白になっています。

室内なので風を感じることはありませんが凄い迫力。。
画像

画像

先日行ったおせんころがしも同様ですが、海に迫っている断崖絶壁と、波に洗われる岩場がどこまでも連なっていて素晴らしい景色であることは間違いありません。

海中公園の近くには鵜原理想郷という戦前から続く別荘地帯があり、与謝野晶子らが訪れていたとのこと。交通不便な戦前の事情を思うと、現代ではハワイに別荘を持つような感覚だったのかもしれません。
画像

景色を堪能した後は再び強風の中を抜けて陸地へ戻り、海の資料室へ。こちらは入場無料です。

海中公園周辺の地図や昔の蛸壺などの漁業道具などが展示されていました。
画像

個人的に興味を持ったのは歴史コーナーで、江戸時代初期に上方で複数の漁船が連携して漁をするタイプの漁法が誕生し、その技術を持った漁民たちが東海から関東にかけての沿岸にやってきたという、こちらの地図。

鋸南町での房総捕鯨もそうですが、戦国時代の水軍が、培われた技を民間転用して漁業のビッグバンが起こったんですね。こういう漁業史も調べてみると面白いかもしれません。
画像

海の資料室のあとは、駐車場を使った海の博物館へ。こちらは入場料が必要な有料施設です。

千葉県立中央博物館の分館ということで予想外に面白い施設でした。まずこちらは博物館のシンボル的な存在であるツチクジラの骨格
画像

画像

内部も撮影可能だったので写真を撮ってきました。

いろいろな魚の肌、カジキマグロのツノ、クジラの肋骨等、実際に触って体感できる展示が充実していて見ごたえ十分。

解説が並んでいるだけではなく、創意工夫が感じられ、小さな子供でも十分に楽しめる内容でした。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック