東京湾要塞の大房崎砲台を見る

画像

大房崎自然公園記事は既にUpしましたので、今回は大房崎にあった東京湾要塞の砲台を解説します。

現地では案内板が一応ありますが、大房崎砲台自体がどういう構成になっていたのが掴みづらかったのです。帰宅してから南房総地域の戦争遺跡をまとめた小冊子を取出し、そこにあった大房崎砲台の地図がこちらになります。

大房崎砲台は切り立った崖に三方を囲われた大房崎の上に築かれました。要塞の建設は昭和3年、軍縮条約で廃艦になることが決まった巡洋戦艦鞍馬の副砲である20cm連装砲2基4門をそのまま崖の上まで引っ張り上げるという力技です。

2基の砲塔の他、その運用を支える探照灯(サーチライト)、発電所、武器庫、兵舎、食糧庫といった諸施設が建築されました。

以前の歴史記事にも書きましたが、ペリーの黒船に江戸湾深くまで侵入され、大砲で散々脅かされたトラウマが日本軍の原点と言えますので、絶対に外国の軍艦が東京湾に入ってこないようにしなければなりません
画像

まず最初に見たのがこちらの発電施設跡。海岸から階段を上ってキャンプ場に出る途中にあります。
画像

画像

画像

続いてこちらは地図から推測するに、奥にある盛り土のされたのが火薬庫、手前が武器庫だと思われます。自然公園の整備に使う物置として再利用しているようで案内板などはありませんでした。

ただ、分厚いコンクリートの上にしっかりと盛り土された構造を見ると、敵の砲弾が落ちてきても安全なように作られていることが分かります
画像

続いてこちらは探照灯の格納庫です。第二キャンプ場付近で「要塞跡地」という重々しい案内板がありました。公園内を散策していて普通に矢印で案内してくれるのはここだけです。
要塞跡地(探照灯格納庫)
昭和3年、帝国陸軍は東京湾防衛のため、大房岬を買収し要塞化する工事に着手しました。現在も残る最大の施設は探照灯格納庫で、備えられた探照灯は当時としては高度な性能であったと言われています。

画像

こちらの施設は中に下りて入ってみることが可能です。

入った先にあるのが探照灯を格納していた倉庫でしょうか。
画像

そこから一直線にトンネルが掘られています。普通の道路トンネルと比べ物にならないくらいコンクリートが分厚くなっており、激しい戦闘を想定して作られた施設であることを物語っています

夜間の戦闘では自ら光を発するサーチライトは格好の標的になります。敵弾の破片で損傷する可能性も高いので予備も沢山用意していたのだと思います。
画像

画像

画像

トンネルを通ると広い吹き抜けの空間に出ました。

おそらくこれはエレベーターになっていて、必要な時に格納庫からリフトアップして使うようになっていたのだと思います。
画像

ちなみに格納庫の上も歩いて回ることが出来ます。エレベータで上げられた探照灯がここから出てきて、東京湾に侵入する敵艦を照らし出します。
画像

さて、探照灯格納庫跡の近くにはもう一つ、幕末の砲台跡があります。

ちょっと分かりにくいですが写真の通りになっています。似たようなものは竹岡にもありましたね。

解説版もありましたので引用します。

江戸時代の末期、黒船が来航すると、幕府は江戸湾沿岸の要害に砲台を設けて海防に当たったが、大房岬に残る砲台跡も、そのひとつである。

大砲を据えた年月は諸説があってはっきりしない。嘉永3年(1850)に江戸近海の海防施設を巡視した石川政平が、報告書に添えて幕府に提出した「近海見分之図」を見ると、大房岬には、上段3門、中段5門、下段5門、合計13門の大砲が据えられており、安政4年(1857)に備前岡山藩が描いた「砲台縮図絵巻」にも、同じ台数の大砲が据えられている。

大房岬の砲台は、北条陣屋の岡山藩・松平内蔵頭が守り、沖を通る黒船に対して厳重な見張りを続け、多数の報告書を幕府に送っていた。

画像

砲台を過ぎて第二展望台のある原っぱに出ます。ここが大房崎砲台の心臓である連装砲2基が設置された場所になります。

まず最初は原っぱの端、明神岬へ行く脇道附近です。木々の中に現れた暗いコンクリートの塊にぎょっとしました。
画像

画像

おそらくこれは弾薬庫。脇へ回ってみると地下道が作られており、中に入る事が出来ました。地下道の中を右に入ると部屋があるのが分かります。

地下坑道の入り口から直接入れないのは砲弾の破片や爆炎が入ってこないようにという工夫でしょう。前日は雨ということで中は水が溜まっており、入るのは断念しました。

弾薬庫があるので砲塔の跡も近くにあると思ったのですが、場所が分かりませんでした。地図があれば良かったのですが、予備知識なしに歩き回ったので仕方ありません。
画像

続いて原っぱの真ん中、こちらは砲台跡と明確に案内板があり、砲塔の基部が良く分かります。
画像

画像

砲塔の後ろには盛り土された弾薬庫と出入り口が同じような構造で作られていました。
画像

下手糞な絵で恐縮ですが、だいたいこんな感じだと思います。

コンクリートと盛り土で厳重に防禦された弾薬庫から地下道を通って砲弾を砲塔に運び込んで砲撃を行うという一連の流れが理解できる位置関係です。


大房崎の要塞群は平成13年(2001)に南房総市の市指定文化財にしていされており、戦争遺跡としては千葉県内で第一号、全国でも8番目となっているそうです。

終戦から半世紀を経て、戦争がきちんとした「歴史」として考えられるようになったということなのだと思います。

館山を含む南房総地域は戦争遺跡の保存を積極的に行っているそうで、こういう取り組みが続いて行けば良いと思います。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック