富津名物!?生のりラーメン

画像

テレビで富津の「生のりラーメン」っていうのをやってたよ。そんな話を聞いたのですが、富津といえば竹岡ラーメンのイメージで「生のりラーメン」は聞いたことがありません。
画像

生のりラーメン」で調べて最初に出てきた中華料理雲竜へ行ってみました。

場所は富津岬の先端、国道127号線から富津岬方向に曲がり、最初は山っぽい道路で「富津は平野のイメージなのにずいぶん印象が違うな」と思っていました。

考えてみれば山の上に立っている東京湾観音なんてものもありますからね。

山を抜けると今度は町中。勝山から出発して国道127号線から佐貫付近で国道465号線に入りましたので、目的地までは結構距離があります。

国道127号からちょっと曲がったらつくだろうと思っていたのが全然違いました。国道465号線も住宅街の中を延々と進んでいくので、都内なら「住宅街の中にあるちょっと広めの道路」に近く、歩道と車道が分離している幹線ではないのでスピードは出せないし、街灯は少ないので暗いし、走りにくさがありました

散々街中を進んでようやく到着したのがこちらです。正直、走っている途中にラーメン屋とか定食屋がたくさんあったので、もうそこでいいんじゃないかと思ったりもしましたが、とりあえず調べたところまで行ってみようということで。

セブンイレブンのある川名交差点にあるお店ですが、周りは何にもない平地です。航空写真で見ると交差点の向こう側2面が畑になっているので、だだっ広い寂しさを感じさせます。

航空写真では雲竜のある富津岬側に住宅街が広がっているので、大貫富津の間に横たわる田園地帯なんでしょうか。
画像

店内は普通の中華料理屋さんの雰囲気
画像

壁を見ると目的の生のりらーめんを発見しました。お値段700円で安いです。

ふっつ生のりフェアというのを12月から2月まで行っていて、富津市内の店舗で生のりを使用したメニューを楽しめるようです。

注文はもちろん生のりラーメン、塩、味噌、しょう油から選べるのでオーソドックスにしょう油を選択しました。
画像

到着した生のりラーメン。スープが見えないくらい生のりが載っていて、箸ですくってみるとこの通り。麺じゃないかというくらいです。

期間限定メニューなので食べられるのは2月一杯まで。ラーメン好きの方は一度食べに行ってみてはいかがでしょうか。
画像

ちなみにラーメンだけだと足りないかなと考えて揚げ餃子(400円)も頼みました。

食べた瞬間に「にんにく!!」という風味が溢れるスタミナ満点な食べごたえ

このお店、何度か通ってみようかと思います。。


ちなみに帰り道はアクアラインを目指して北上します。富津岬の北側は君津製鉄所などが集中する工業地帯。道路はしっかり作られていて、たまにある信号を除けば高速道路のような快適なドライブが楽しめます。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 グルメブログ 千葉食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック