大房崎自然公園を歩く

画像

館山湾は南北にある大きな岬に囲まれています。南の洲崎には海上自衛隊の基地がありますが、反対の北側にあるのが大房崎です。

切り立った崖がある地形ということで、勝浦おせんころがしのような風景が見られるのではないかと考えて行ってみました。
画像

大房崎大房崎自然公園という公園になっています。ここは東京湾要塞の一角をなす大房崎砲台があった場所でもあるのですが、長くなるので要塞の部分は別記事にすることにします。

まずは自然公園の駐車場にクルマを止めて散策開始。きちんと整備された駐車場になっていて、ちょっと意外な感じです。(なんといっても先日行った滝田城沢山不動の印象が強すぎて・・・)
画像

駐車場から伸びる階段を下りて行きます。園内の案内図によるとまず海岸があるのこと。公園全体の様子も分かっていないので、館山湾側の海岸からぐるっと大房崎を一周してみようと思います。
画像

画像

階段を下って行って到着したのがこちらの砂浜。小さいものですが、岩場もあってちょっとした磯遊びにはちょうどいい感じです

鏡が浦の別名を持つ館山湾も波が静かで美しい。
画像

遠く向こうには伊豆大島を見ることも出来ました。
画像

海岸から少し上がったところには大きな原っぱ。海を一望できるスポットで天気が良ければピクニックにはもってこいですね
画像

画像

海岸エリアから階段を上って歩いて行くとキャンプ場エリアに入ります。

林間学校の飯盒炊爨とかバーベキューって、こんな感じの場所だったなあ、と懐かしい気分になります。

キャンプ場はいくつか設備が用意されていて相当充実しています。これは好きな人にはオススメな場所ですね。

ちなみに要塞跡地として案内されているのはキャンプ場エリア内にある探照灯用の地下壕です。
画像

キャンプ場の先にあるのが展望台

奥から順に鋸山のある明鐘岬、岩井袋のある西ヶ崎と浮島、そして手前が南無谷岬です。

こうやって岬が連なっている光景はちょっと新鮮です。
画像

もちろん東京湾の入り口である浦賀水道も一望できます。
画像

この季節なので富士山もばっちり。ちょっと雲がありますが、高さもあるのでいい眺めです。
画像

展望台がかなり高さがあるので、下にカメラを向けてみると大房崎のくっつくようにしてある増間島を発見。

案内板があったので引用します。
昔、房州増間村(今の三芳村増間)に大雨が降り、水神様を祀った川の中の島が流れてしまったそうです。村人たちは探しに出て、そっくりな島を大房岬で発見しました。引いて帰ろうとしましたが、動かなかったので増間島と名付けて帰りました。


なんと先日訪れたばかりの沢山不動のある増間地区が命名の由来とのこと。何という偶然!!

公園の案内板によれば近くまで降りていく道もあるようなので、こちらに行ってみることにしました。

次回に続きます。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック