木の根峠の道を辿る

画像

先日、南無谷岬の集落探訪で記事を連続してUpしました。その中で内房の幹線である国道127号線の歴史についても触れてきました。

江戸時代、険しい南無谷岬を内陸に大きく迂回していた房総往還国道127号線のルーツ)ですが、近道として険しい木の根峠を超える道が使われていました。この地図の一番右側のルートになります。安房を領した里見氏が参勤交代で使ったとか、江戸湾の沿岸防禦の重要性を説いた松平定信が視察の際に通ったという歴史あるルートです。

木の根峠には明治19年に峠を貫通する木の根隧道が開通し、これによって房総西街道(明治になってからの房総往還の名前)は岩井から平久里へ迂回する道ではなく、木の根峠を通って船形(現在の館山市)に達する道へと変わります。

この後、明治33年に南無谷岬を貫通するトンネル群が完成し、より海側のルートに変わったことによって、木の根峠の道は南房総の幹線という主役から降りることになりました。

地図で見ると木の根峠の道は県道ですらなく、南房総市の市道という扱いになっています。険しい山の中を通る市道というと、道路の状態は大変悪いという印象です。

近くにある大津から山を越えて犬掛へ抜ける県道185号線が1車線で道の両サイドから生い茂る草木の中に突っ込んでいくという、大変香ばしい道だったので、それより1ランクしたの市道である木の根峠は覚悟しなければなりません。
画像

そんな訳で旧富浦町丹生にやってきました。道の駅おおつの里がある大津から山の尾根を1つ越えたところにある地区で、おそらく江戸時代は丹生村だったのだと思われます。ポツンとあるお地蔵さんが、かつての往来を思わせる痕跡と言えるでしょう。
画像

航空写真で見ると現在位置はココです。見事なまでの行き止まり、赤線がこれから辿る市道ですが、これまた見事なまでに山の中で何もありません。これは相当にスリリングにな道になる予感がします。
画像

1.5車線の余裕のある道を通っていよいよ木の根峠にアタックします。
画像

峠を進むと迫力ある高架が見えてきました。これは館山自動車道で、木の根峠は沿岸の小さな集落をスキップして一気に木更津館山(実際は富浦)を結ぶ高速道路のルートとして復活しているのです。
画像

高速から離れて道は山の中に進んでいきますが、まだ道幅は広くて荒れた様子はありません。
画像

しばらく進むと、隧道が見えてきました。これは明治19年に開通した木の根隧道です。今から133年前に開通したトンネルは現役で活躍しています。
画像

トンネルを抜けた岩井側から撮った写真です。険しい崖が上まで続いている様子に、この辺りの地形の険しさを感じます
画像

画像

両脇にある落石防止用のフェンスにはゴロゴロと転がってきた石が沢山止められており、人の手が入らなければあっという間に通行不能になる厳しさを示してます。
画像

画像

トンネルの中はさすがに明治のまま素掘り、という訳ではなくコンクリートが吹きつけてありますが、この長さに対して照明が一つもないというのは、なかなかです。1.5車線ぎりぎりという感じですので、対向車の存在を見つけた時は、向こうのクルマが出てくるまで入口で待機しました。
画像

画像

トンネルを抜けると、ここから岩井の町へ向かって下っていきます。道路は綺麗に整備されており、1.5車線のままですので、対向車があっても不安はありません。

下っている最中も交通量は結構あり、さびしく山の中を抜けていく市道という当初の予想とはだいぶ様子が違います。両サイドは富浦名産の枇杷山になっているようで、農作業で木の根隧道の道を使うことも多いのかもしれません。
画像

そのまま山を下って岩井の町に到着しました。道路状態は良好で交通量も思った以上に多く、現役で今も活躍中という予想外の結果に驚きました。

岩井に到着した先は逆に細い1車線道路で住宅街の中を抜けて国道に出たので、そちらの方が神経を使いました。丹生から岩井への道は綺麗に整備されていたのに、到着した岩井の市街地が全くクルマを想定した作りになっていないというのは面白いと思います。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ここも穴場か?岩婦湖の風景

    Excerpt: 岩井には2か所に温泉があります。1つは海岸沿いにある弁天鉱泉で、これは国道127号線に面しています。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2019-02-15 20:11