鋸山と明鐘岬の地形について考える

画像

鋸山のある明鐘岬を歩いた後は、ここ最近恒例になっている地形チェックです。

明鐘岬は前回見た通りの難所ですが「だったら南無谷崎のように内陸に迂回すればいいのでは?」という疑問も出てくるわけです。

それを踏まえて地図をチェックします。ピンク色で示したのが現代の道路。海岸沿いの明鐘岬を通る国道127号線、そこから内陸へ進む長狭街道がありますが、そこから北上する道は鋸南町内には存在せず、横根峠を越えた先にある山中のもみじろーどまで行く必要があります。

もみじろーどを下って行った先は上総湊になりますが、その間にある金谷、竹岡は人口の集中しているエリアで、もみじろーど山中志駒とは規模が違います。

こうしてみると鋸山から東へずっと山脈が形成されて、その間を抜けることが出来ないことが分かります。
画像

地図を3Dにしてみました。高く聳えたつ山脈を見れば、ここを抜けることはまず不可能であることが一目瞭然。

国道127号線の他にJR内房線館山自動車道が通っていますが、これは鋸山の山脈を長大なトンネルで貫通するという力技を行っています。館山道はともかく、戦前の技術でこの長さのトンネルを掘るのは相当の大工事だったでしょう。
画像

3D地図をもう少し広い視点で見ています。赤線が現在の道路。もみじろーど国道127号線の間が通行不可であることが分かります。

山向こうの金谷保田の間は鋸山の最高峰で登山道ならともかく、一般に使う街道には適さないですし、遠く竹岡から内陸を通って伸びる平地も山脈に遮られています。

梨沢という集落が山脈の北側にあって、渓谷を散策できるらしいので一度行ってみたいのですが、地図を見てみると山頂付近に「保田見」という地名がありました。その名の通り保田を見られる場所、の意味だと思いますが、見られるだけで通れると言っていないところがリアルな感じがします。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック