佐久間ダムの花と水広場を歩く

画像

春の緑に色づく佐久間ダム美しいアーチを見せる水道橋
これだけで十分画になる光景ですが。佐久間ダムの入り口をすぐ横に入る必要があり、いつも素通りしていた風景です。
画像

入口にはこのように看板が出ているのですが、そこから降りて行く道が狭くてクルマで入るには勇気がいります。(1車線道路なので行き止まりになったらどうしよう。。)
画像

今回は佐久間ダム一周のついでに徒歩で入ってみましたが、なかなかどうして綺麗な光景が続きます。

桜の木はまだ小さいものですが、こうして連なって花のトンネルを作っている風景は良いものです。
画像

画像

画像

水辺には遊歩道も整備されており、奥には小さいながらも駐車場があってクルマで入っても大丈夫な場所だったようです。

菖蒲園の看板もあったので、来月辺りに行ってみると、また違った光景が楽しめるのかもしれません。
画像

駐車場の先は砂利道になっていましたが、そのまま上って行くと、かつての棚田が姿を見せました。今の時期水を入れていないようなので、田んぼではないのでしょうが、何やら作業中のようです。
画像

更にその先は、これまたかつての棚田地帯

鋸南町としては水仙を植えて水仙の里としているのですが、これだけ残っているのなら大山千枚田のようにレンタル棚田にするという方法もある気がします。

佐久間ダムの水仙、梅、桜を見に来たお客さんに棚田の存在を見てもらい、レンタル会員やオーナーになろうという人は少なくないのではないでしょうか?

維持管理用が大変なら町がお金を出してもいいでしょうし、もともと人が結構くる場所だから集客に大きな苦労はないような気がします。このアイディア、どうでしょうかね?



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 大六のトンネル探索

    Excerpt: 今昔マップという今の地図と昔の地図を見られるサイトで、鋸南町を眺めていたところ、面白いものを見つけました。 Weblog: のんびり勝山生活 racked: 2019-04-26 19:10