平群天神社と大正デモクラシーの息吹

画像

画像

平久里の平群天神社へ行ってきました。
富楽里から山を越えて房総を東西に横切る県道89号線と、南北に縦走する県道88号線の交差点付近に存在する平久里地区の鎮守です。

前にも書きましたが、交差点の名前は「平久里」で小学校は「平群」でどちらが正しいということも無いようですが、神社は「平群」の漢字を使っていました。
(どちらも読み方は「へぐり」です)
画像

境内に入るとまず目に付くのはご神木の楠1000年前に住民が植えたものと伝わっているもので、2本あり夫婦クスノキと呼ばれているそうです。
画像

画像

境内は思った以上に広々しています。神社の背後にそびえるのは南房総の三名山のひとつである伊予ヶ岳

山頂が巨大な岩になっていて、房総半島で唯一「岳」の字が使われている山です。平群天神社はこの伊予ヶ岳への登山道の入り口にもなっていて、登山目的で来る人も多いようです。

神社が登山道の入り口になっているというのは富士山の浅間神社などもそうですね。
画像

社殿の前には様々な記念碑がありました。
画像

その中で目に付いたのがこちらの「加藤先生碑

読んでみると平群出身の政治家で、板垣退助に感激して自由民権運動に身を投じ、何度も投獄された末に国会開設を実現させた愛国者であると讃えられています。その後は衆議院議員として活躍したという、凄い経歴を持つ自由民権運動の闘士です。

今また普通選挙が実現し、民権思想が大いに盛り上がっている今日において、先生の業績に思いを馳せてここに記す、と結ばれており、何ともアツイ内容です。

碑の建立は大正15年1月となっており、大正デモクラシーの空気を今に伝えています
画像

画像

碑文を読んだ後は神社へお参りです。神社の隣はお寺になっており、一緒に手を合わせてきました。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック