大山千枚田で稲刈り

大山千枚田1.JPG
大山千枚田2.JPG
8月最後の土曜日、レンタル棚田をやっている大山千枚田へ稲刈りに行ってきました。

9月直前のこの時期にもう稲刈りというのは随分早いと思いますが、温暖な南房総はこれが普通とのこと。

実際千枚田に向かい途中の集落では既に稲刈りを終えているところが多くありました
大山千枚田3.JPG
大山千枚田4.JPG
大山千枚田5.JPG
午前9時に到着すると千枚田の駐車場はもう一杯で、長狭街道臨時駐車場から送迎車で棚田まで

もうすでに作業を始めている田んぼがいくつもありました。
大山千枚田6.JPG
9時半からのオリエンテーションですが、勝手知ったる経験者は刈り取った稲を束ねる縄作りからスタートしています。

田んぼに入るのだから裸足だろうと勝手に思ってビーチサンダルに半ズボンだったのですが、あれば長靴と言われて勝山まで取りに帰ることになりました。

刈った稲の株で足を切ったりすることもあるそうで、成程そういうことならと、長靴、長ズボン、長そでに着替えてきました
大山千枚田7.JPG
大山千枚田8.JPG
5月に田植えをした田んぼは見事にコメが実っていました。これだけ育っているのは嬉しいですね。

持参した鎌で刈り取りを始めましたが、これが容易に刈れない。四苦八苦していたら見回りに来た農家さんから「これじゃだめだよ」と言われてしまいました。

草刈り用の鎌ではなく、稲刈り用の鎌というのがあるそうで、用意していたものを貸してくれました

田んぼの手前から始めていた稲刈りも、稲が奥から手前に向かって穂を垂れているので、奥側からやっていくとのこと。

鎌の使い方も、なかなか思うようにできず苦戦しました。こちらが1株ずつ一生懸命やっているのに、農家さんが箒でも使うような感じでスッスッスッとあっという間に刈り取ってしまうのだから、慣れと技術なんでしょうね。

午前中いっぱいかかって2-3割程度の進捗具合でした。

田植えの時は2時間で全部終えたので、その位だろうと思っていたら大間違い(^_^;)
大山千枚田9.JPG
お昼は大鍋のカレーが振舞われてエネルギーを補給。

持ってきたお茶のペットボトルは午前の作業で飲み干したので、水道の水を補給しました。
大山千枚田10.JPG
午後になるとさすがに稲刈りのコツが分かってきて、多少の引っ掛かりがあるものの、だいぶスムーズに刈り取れるようになってきました

やってみると鎌で足を切る危険もあるので、長靴と長ズボンは確かに必要、半ズボンとビーサンなんて舐めた格好でしたね。。

刈り取った稲は4-5株ごとに交互に4束重ね、朝作った縄で縛っていきます。2人で作業したので1人が刈り取り、もう1人が縛っていくように作業を分担。

とにかく8月の暑い中での作業なので、途中里のコンビニまで行ってアクエリアス500mlを2本追加で補給しました。油断すると熱中症です。

ようやく全部の刈取りが終わったのが午後3時なので4時間半も作業していたことになります。来年はもっとテンポよくできるんだろうなあ。

終わったところで農家さんが竹を組んでくれるので、刈り取った稲を掛けて天日干し。1週間後に脱穀してコメ作りの作業は終了です。

脱穀は人の都合がつかずに保存会にお願いすることになってしまったのが残念でしたが、スケジュール的には台風15号襲来の直前となるのでいいタイミングだったと思います。

その台風で鋸南町を含む南房総地域の被害は甚大ということで非常に心配な状況です。被害状況は現地に行って後日記事にする予定です。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント