被災地鋸南町の地理:佐久間編

最後は佐久間です。 鋸南富山ICから県道184号線を山側へ行くと中佐久間、上佐久間となり、そこから分岐して佐久間ダム、大崩方面と奥山へと分かれます。 上佐久間には笑楽の湯という温泉施設があって町民に開放されています。近くには旧佐久間小学校があり、現在はBBQ施設として活用されています。 上佐久間の先、画像の分岐を道…
コメント:0

続きを読むread more

被災地鋸南町の地理:保田編

続いて保田の町を説明していきます。 保田は海水浴客相手の観光で栄えた町です。保田駅の前に広がる商店街を中心にしており、線路を挟んで山側にある道の駅保田小学校では町民向けにお風呂が開放され、その前にある鋸南町保健福祉総合センターすこやかは瓦礫の集積所となっています。 この辺りが保田の町の中心部になり、海沿いを走る国道127…
コメント:0

続きを読むread more

被災地鋸南町の地理:勝山・岩井袋編

鋸南町全体の地理について記事にしましたので、今回はその中でも勝山について書いていきます。 旧勝山町は江戸時代の下佐久間、勝山、竜島、岩井袋の4つの村で構成されていました。館山道の鋸南富山ICから勝山商店街入り口辺りまでが下佐久間、現在の鋸南町役場もここにあります。 現在も田圃や畑が広がる田園地帯ですが、町役場周辺は住宅街…
コメント:0

続きを読むread more

被災地鋸南町の地理

被災後初の週末は鋸南町に多くのボランティアが訪れ、後片付けを手伝っていました。今回の災害は広い範囲に被害が渡っている為、ボランティアの支援が届かなかった地域もありました。 次の週末も多くのボランティアが訪れると思いますが、状況が整理され、復旧作業が遅れている地域に向かうことも多いでしょう。 その際、鋸南町の凡その地理を頭に入…
コメント:0

続きを読むread more