鋸南町の形成 近世編

天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原攻めによって戦国関東の雄、北条氏は降伏します。享徳の乱によって全国で最も早く戦国時代に入った関東地方は、全国で最も遅く戦国時代が終わりました。東京湾を挟んだ北条氏と里見氏の争いも終わりを告げます

戦後処理によって里見氏は上総の領地を没収され、安房1国の大名となり、北条氏の旧領には徳川家康が入る事になりました。


中世においては勝山、佐久間を支配した安西氏保田、吉浜を支配した笹生氏に分かれていた鋸南町ですが、鎌倉時代(もしかしたらそれ以前)から数百年に渡る支配構造に変化があったようです。
妙本寺文書によると、里見氏の妙本寺への寄進状に宇部氏の名前があり、天正10年の吉浜村の代官に藤平氏の名前があります。勝山城も正木氏が城主となっています。

どのタイミングで権力者が交代したのかは分かりませんが、例えば天文の内訌で敗北した里見義豊に安西氏、笹生氏が味方しており、敗れたことによって権力を失ったというような可能性はあると思います。

保田/吉浜を数百年に渡り支配してきた笹生氏がその地位を追われ、動揺する人心を掌握する為にヤマトタケルの神鏡を海から引き揚げて保田神社を創建し、新たな里見氏のリーダーである里見義尭の正統性をアピールしようとした、、、ありそうな話です。

安房1国、9万2000石、関ヶ原の戦いの後に常陸の領地を加増されて12万2000石となった里見氏ですが、慶長19年(1614年)に改易されてしまいます。江戸の町の目の前に12万石の外様大名がいるというのが幕府にとって邪魔だったというのが実際の理由のようです。

里見家の改易後、安房国は天領、旗本領、小藩に細分化され、その状態で明治時代を迎えることになります。鋸南町に於いては、有力な水軍の拠点である勝山城があるため勝山藩がおかれ、保田は天領や旗本領が複雑に入り組んで細分化されました
鋸南町.png
江戸時代に入って鋸南町がどういう状態だったのか、鋸南町史に詳しく書かれています。それを踏まえて地図を作成しました。

平和の時代になってから里見氏が作成した里見分限帳という資料です。保田、吉浜、佐久間の3つに分かれていた鋸南町は、江戸時代に入るころには14の村に分かれており、それぞれの地域が拡大/発展していったことが分かります。

この時代、勝山が二浜(仁浜)と呼ばれています。勝山城はそのまま勝山ですが、村の名前は二浜村と呼ばれていました。呼び方が勝山村となるのは江戸時代中期ごろだそうです。
もともと下佐久間村と1つだったところが、いつごろかは不明ですが海岸部が分離して勝山となり、さらにそこから分離して竜島となったとのこと。

勝山藩は内藤氏が3万石で入った後、最終的に酒井氏が1万5000石で入ります。下佐久間、勝山、竜島岩井袋を加えた勝山地区は勝山藩の支配地域(竜島、下佐久間は分家が3000石で成立)となり、明治以降は勝山町としてこの体制が継続していくことになります。

佐久間地区の方は佐久間村がありますが、この時は中佐久間と上佐久間が分かれていません。江戸時代に入って佐久間下村(=中佐久間)佐久間中村に分かれ、更に佐久間中村から大崩村が独立、大崩村から更に奥山村が独立するという経過をたどります。

保田地区では吉浜村から大六村が分離するのが同じく江戸時代になってから。それ以外は現在と同じですが元名は「本名」の字が使われています。現在の「元名」の字と混用されていたようですが元禄のころから「元名」で統一されたようです。

保田郷が本郷、大帷子、元名の3つに分かれますが、これがいつ頃なのかは不明となっています。

また小保田も鎌倉時代には成立していたと言われています。保田川を遡った山中にある小保田、市井原、横根の各村は隠遁村なのではないか町史も述べており、詳しいことは分からないようです。
鋸南町2.JPG
町内の各村が江戸時代どんな様子だったのかは、鋸南町史に一覧表が載っていました。勝山地区以外は本当に細分化されているんだなあというのが分かり、私自身はとても面白かったのですが、ちゃんと見えるでしょうか?

鋸南町としての江戸時代の出来事といえば醍醐新兵衛による房総捕鯨のはじまり、元禄地震による津波被害、浮世絵の祖菱川師宣の誕生といったところですが、それぞれ別記事に起こしてありますので、そちらを参照して頂くとして、今回はここまでにしようと思います。

鋸南町は現在、台風15号により町全体が大きな被害を受けています。
下記にて義捐金の受付を行っていますので、皆様のご支援をお願い致します!!

ふるさと納税:令和元年台風15号 千葉県鋸南町



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント