鋸南町の形成 近代編③

前回は明治22年の市町村制の施行によって勝山村、保田村、佐久間村が成立したところまで進みました。 その後、海水浴という観光業が誕生したことによって勝山、保田は村から町へと発展します。 勝山藩のあった勝山町と、前橋藩の飛び地としてある程度まとめられていた佐久間村はいいとして、徳川時代に天領と旗本領が入り乱れた保田では、大正半ば…
コメント:1

続きを読むread more

鋸南町の形成 近代編②

前回は近代編と言いつつ明治を迎えられませんでした。。今回は明治維新以降の鋸南町の歴史を辿ります。 明治維新によって徳川幕府は260年の歴史に幕を下ろしました。旧幕府軍の一翼を担った遊撃隊に加わった勝山藩でしたが、藩士の切腹によって取潰しを免れ、1万2000石の領地は安堵されます。 一方、400万石という巨大な領地を持っていた…
コメント:0

続きを読むread more

鋸南町の形成 近代編①

外出自粛の中ではじめた鋸南町の形成シリーズ、最後の近代編と思いましたが、思った以上に長くなってしまったので2回に分けます。今回はパート①です。 鋸南町に近代の訪れを告げたのは嘉永6年(1853年)のペリー来航です。東京湾フェリーは久里浜~金谷間で運行されていますが、ペリーが来航した浦賀は久里浜の隣にあります。(上陸したのは久里浜)…
コメント:0

続きを読むread more