テーマ:風景

灯篭坂大師の巨大トンネル

夏休みで親戚の子が遊びに来たので、この辺でちょっと楽しい観光スポットを案内しました。 鋸山になると半日コースですが、ランチを終わってちょっと時間を潰して東京へ帰るというスケジュールなので、真っ先に思いついたのが灯篭坂大師のトンネルでした。 金谷から竹岡駅を経て館山道の竹岡ICの手前、城山隧道の脇にあります。 まずは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐久間川河口から見た美しい夕日と富士山

夕方、6時を過ぎると美しい夕日を見られるのが勝山の素晴らしい所です。今回は勝山海岸から大黒岩に向かって、のんびりお散歩しました。 写真は佐久間川の河口付近です。穏やかなで鏡のような海岸と河口、みささぎ島の先に沈みゆく夕日が美しい。 見てみると何と8月なのに富士山が見えました。富士山に日が沈んでいく風景は1枚の絵のようです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑の沢山不動へ

昨年の秋に訪れた沢山不動。紅葉が終わりがけだったこともあり、景色の良い季節には、この素晴らしい絶景スポットへの再訪を誓いました。 実際は1か月ほど前の訪問で、新緑の季節となり、青々とした木々の美しさが見られるに違いないとやってきました。 滝田城から増間へ向かい、集落の中の最奥、ナビにも載っていない道を通って林道長沢線の入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大六海岸~鱚が浦散策 日没編

ばんやでの食事を終えて時刻は午後7時。残念ながら日没は終わってしまったようですが、黄昏時の保田漁港には富士山のシルエットがはっきりと浮き上がっていました。 テクテクあるいて鱚が浦。サンセットブリーズのサッカーコートの先に浮かぶ富士山の様子です。 時間も遅いのでサーファーは撤収したようですが、それにしても波が防波堤ぎり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大六海岸~鱚が浦散策

畑が強風でやられた日、一通り作業も終わったので大六海岸からばんやまで歩いていきました。夕方6時の食事に行ったのですが、普段はクルマで通り過ぎるところを、のんびり景色を見ながら歩いて行きます。 強風かつ波浪警報発令中ということで大六海岸に流れ込む大六川の河口もすっかり波で洗われているという、なかなか見ることのない光景です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜島漁港から見る夕日の風景

5月の日の入りは6時半頃、美しい夕日の見られる勝山に居て見逃す手はありません。 竜島漁港にでると水平線付近が雲に覆われていて富士山の輪郭は分かるものの太陽は見られず、天気は良いのに惜しいシチュエーション。 それでも黄昏時の風景は漁港の穏やかな波と合わさって心を和ませてくれます。 しばらく見ていると雲の隙間から太…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大六のトンネル探索

今昔マップという今の地図と昔の地図を見られるサイトで、鋸南町を眺めていたところ、面白いものを見つけました。 画像は明治36年のもので江月、大六、下佐久間が写っています。オレンジで書いたのが現在の道、江月水仙ロードから山の稜線を越えて(見返り峠)下佐久間へ降りる道は道幅が狭いものの軽トラの行き来は現在もあります。 勝山から…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

黄昏時の勝山海岸

夕方、外に出てみると綺麗な夕焼け。 これはシャッターチャンスと勝山海岸にでてみると美しい光景が広がっていました。 昼と夜の境目、黄昏時、逢魔が時。 美しい空と僅かにかかる雲、日は既に沈んでいましたが、浮かび上がった富士山のシルエットは澄んだ空気の感覚とぴったりマッチしています。 夏場は空気が重くて見られません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横根村の風景と開墾の痕跡

鋸南町の保田から長狭街道に沿って上っていき、富津市山中との境界付近にあるのが横根地区です。江戸時代の区分では横根村。鋸南町の最奥に位置する地域です。 今回初訪問となりました。 写真の通り長狭街道からクネクネ曲がる細い道を通っていくと横根村が姿を現します。 まだ桜が咲いており、菜の花との対比と山の中の比較的なだら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

房総の秘境 梨沢渓谷 -撤退編-

上総湊から国道465号線を通って滝の不動尊と直売所、そしてもみじろーどを通って長狭街道から保田、勝山へと行くルート、これが日中帯に勝山へ行く際の定番コースです。滝の不動尊の湧水を汲み、直売所の安い野菜を買って、もみじろーどを快適にドライブします。 先日この辺りの地図を見ていたら梨沢渓谷という場所を発見しました。保田の市井原や小…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

明鐘岬の絶景

岬カフェでコーヒーを楽しんだ後は、そのまま明鐘岬の散策を行いました。 明鐘岬へはカフェから鉄パイプで作られた階段を使って下りて行った記憶がありますが、ごっそり崩落した後はどうなっているのか? とりあえずカフェから岬を見下ろすと釣り人の姿が散見されましたので下りることはできるようです。 カフェの先にある細い道を下りて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海と山の激闘 磯根岬

カフェGROVEでゆったりとした時間を過ごしたあと、波の音を頼りに海岸へ出てみました。ここの海岸の名前は磯根海岸でしょうか。 防風林を抜けると一面の草原とその先の東京湾、遠くに見えるのは鋸山の明鐘岬です。 この写真の左手は砂浜が広がっており、新舞子海岸というのはそちらを指すのだと思います。 樹木ではなく草原にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝山海岸の珍しい夕焼け

オフシーズンでアクアラインの渋滞もさほど酷くもないので、夕方に出発して途中で食事をしつつ東京へ帰ろうとしたある日の夕方。 家から出ると浅間山に照り映える夕焼けの色が異様に鮮やかだったので、海岸に出てみると見たことのない風景が広がっていました。 房総半島のこちら側は雲が低く垂れ込めていますが、三浦半島の上空は快晴で空気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここも穴場か?岩婦湖の風景

岩井には2か所に温泉があります。1つは海岸沿いにある弁天鉱泉で、これは国道127号線に面しています。 もう一つが岩井の少し山奥に行ったところにある岩婦温泉です。前から存在は知っていましたが、行ったことはありませんでした。 岩井の小学校付近にある細い路地を曲がって真っ直ぐ行ったところですが、最初は路地の存在に気付かない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南無谷岬の探検記2 -石小浦編-

小浜から素掘りのトンネルを通って隣の石小浦の集落に出ました。この小浜と石小浦を結ぶのは小浜トンネル。 国道127号線にも小浜トンネルがありますが、素掘りの小浜トンネルは今のトンネルが出来る前の旧道に当たります。完成したのは明治31年という驚きの古さです。 石小浦の集落は小浜に似て、狭い谷間に密集して家屋が並び、その先に砂…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南無谷岬の探検記1 -小浜と震洋格納庫編-

内房の海岸線を南北に縦走する国道127号線。鋸山のある明鐘岬を過ぎて保田、勝山、岩井と続きます。 岩井から先は富浦を経て館山市の船形に入ります。南房総市が出来る前は鋸南町(保田、勝山)、富山町(岩井、平久里)、富浦町という区分になっていました。 岩井と富浦の間には南無谷岬、富浦と船形の間には大房岬があって、これが自然の境界を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

大房崎自然公園を歩く2 増間島と洞窟

前回の続きです。 大房崎自然公園の展望台から下に下りる道。案内図を見ると直線距離で短い割にクネクネとした道が描かれており、結構急な斜面なんだろうなあ。。 実際にその道に行こうとすると、こんな看板が。。 随分急な階段が九十九折になっていて、これはなかなか大変な道です。 まあこれは下った時の感想で、帰りに登っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大房崎自然公園を歩く

館山湾は南北にある大きな岬に囲まれています。南の洲崎には海上自衛隊の基地がありますが、反対の北側にあるのが大房崎です。 切り立った崖がある地形ということで、勝浦のおせんころがしのような風景が見られるのではないかと考えて行ってみました。 大房崎は大房崎自然公園という公園になっています。ここは東京湾要塞の一角をなす大房崎砲台…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

那古寺の船形観音と激レア忠魂碑

館山の那古寺に行ってきました。 館山では以前、崖観音に行きましたが、船形ではここ那古寺の船形観音が有名とのこと。せっかくの機会なので見に行こうと思っていました。 朱色の山門が何とも立派ですが、「中に安置されている仁王像は大山不動尊の方が立派だったなあ」という不謹慎な感想を持ってしまいました。 那古寺がしょぼい訳では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢山不動の不動七滝

南房総の地図を見ていた時に、不動七滝というのが滝田の辺りにあるのを見つけました。 ググってみると、何とも美しい紅葉の写真が出ており「よしここへ行こう」と思っていってきました。 そうはいっても今シーズンはもみじろーどの志駒渓谷にもいったので、不動七滝に行ったのは12月に入って紅葉のシーズンもとっくに終わっています。 そう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

鬼ヶ崎の夕日(リベンジ!)

良く晴れた日を狙って鬼ヶ崎へ夕日を見に行きました。 前回のリベンジですが、行ってみると期待通りの美しい光景。 浮島の向こう側には富士山も見えていました。 夕日が海に沈むところが綺麗に見えます。 海上も静かに凪いでいて静寂の世界です。 夕焼けに浮かぶのは遠く伊豆半島の天城山です。 鬼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快晴の勝山海岸

秋から冬へ、気温が下がると空気が澄んで、景色を楽しむにはいい季節になりました。 竜島漁港に出ると目の前には真っ白な富士山の姿が! 遠く観音崎の向こうには横浜のランドマークタワーまで見えています。 勝山海岸にでると釣り人の姿で賑わっていました。 目の前の富士山を見ながらの海釣りは気持ちよさそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝浦のオススメ観光スポット 海中公園③

(前回の続きです) 海中で魚の群れを楽しんだ後は階段を上って海上に帰ってきます。 上り専用の階段を上がると展望室に到着です。 リアス式の海岸線の美しい景色を堪能・・・、と言いたいところですが、強風による大しけで海面が真っ白になっています。 室内なので風を感じることはありませんが凄い迫力。。 先日行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロッケカフェの日没を楽しむ

大六海岸のコロッケカフェ、3103corokke。再び日没を狙っていってみました。 空は晴れていましたが、残念ながら水平線の向こうに雲が出て、日没の瞬間は見られず。 しかし穏やかな大六海岸と、東京湾を行き来する船舶の姿が美しい風景を作り出しています。 夕日が雲に隠れた後の景色は夜に傾いています。この時点で6時前、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロッケカフェからみる大六海岸の夕焼け

夏の大六海岸の夕焼けと富士山です。 生憎と雲が出て日の入りの瞬間は見られませんでしたが、夏場では珍しく空気が澄んで富士山が見られました。 その景色を見ながら入ったのが大六海岸のコロッケカフェ、3103corokkeです。 オープンした時から、ここからみる日没の風景は絵になるに違いないと確信していました。日が沈む19時ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地の果てる場所 絶景!!おせんころがし

外房勝浦にある「おせんころがし」。その昔、おせんさんという娘が転落死したという伝承が地名となった場所です。 廃道サイト「山さ行かねが」でレポートされて以来、一度はこの眼で見てみたいと思っていたスポットに初めて行ってきました。 外房沿いを走る国道128号線を鴨川から勝浦に向けて走っている途中、ちらりと見えた断崖絶壁。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

鬼ヶ崎の夕日を狙って

9月になって漸く涼しくなってきました。湿度も下がってきたので空気中のモヤが晴れ、見通しが効くようになってきました。景色を見に行くにはいい季節です。 そんな訳で今回は個人的に勝山で最も美しいと思っている鬼ヶ崎に夕日を見に行ってきました。 場所は勝山漁港の活魚センターの裏手になります。 久しぶりの鬼ヶ崎。白い岩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

古民家の魅力! のんびり茶房

昨年末の営業終了以来、約半年ぶりにのんびり茶房へ。 ここ最近お世話になりっぱなしの滝の不動尊で水を汲み、そのままもみじろーどを上って勝山へ向かうので、途中でお昼を食べるとしたら第一候補はこちらです。 入口には新たに看板が設置されていました。毎週日曜のみの営業なのに頑張るなあ(笑) 長狭街道にある横根地区はのんびりと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

南房総屈指の観光名所 鋸山

南房総地域の代表的な観光地と言えば鋸山です。 江戸時代から延々と続いた採石事業によって削り取られた岩山が、遠目から鋸のように見えることからその名が付きました。 採石事業は昭和60年代に終了しましたが、ダイナミックな景観は多くの観光客の目を楽しませてくれます。 鋸山の山頂へは、一般的に麓の金谷からの登山道、ロープウェ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

東京から一番近い棚田 大山千枚田の風景

鋸南町から長狭街道を経て反対側、鴨川の大山千枚田に行ってきました。 鴨川自然王国のCafeEnに行く途中にあるので横眼には見ていました。「この季節は青々とした棚田の風景が美しいに違いない!」ということで今回の訪問となります。 実際に行ってみると思った通りの美しい光景が広がります。 棚田の1枚1枚は大した大き…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more