テーマ:城跡

滝田城攻略(撤退編)

房総半島の覇者として戦国時代に勢力を拡大した里見義尭。この義尭が里見氏を掌握したのが天文の内訌です。 この内乱のクライマックスと言えるのが滝田・犬掛の合戦です。そんな訳で今回は舞台となった滝田城の探索に赴きました。 滝田城は平久里川と支流の増間川の合流地点にあります。ここを過ぎると館山平野を縦横無尽に荒らされてしまうため、北…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

戦国里見氏後期の居城 岡本城

以前、天文の内訌の記事で戦国大名里見氏をとりあげました。 ここで勝利して里見氏の最盛期を築いた里見義尭(よしたか)は上総、安房2か国を押さえ、下総にも進出して房総半島全体を支配する勢いを見せましたが、そこから関東の覇者北条氏による反撃がはじまり、息子の里見義弘の代に上総、安房の2か国へ。 次の里見義康の時に豊臣秀吉による…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水軍の根城 百首城探索

前回の続きです。 水軍の海城である百首城からは東京湾、富津岬が良く見えます。木々が茂っているので分かりにくいですが、現役時代は当然伐採されているので見晴らしは最高だったと思います。 一通り城を見たので「さあ帰ろう」と思って見覚えのある石垣を横目に見て進んでいたら「あれ??なんかちょっと雰囲気が違うような・・・」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総水軍の拠点 百首城

竹岡にある灯篭坂大師の裏手に岩の間に作られた階段があります。実は灯篭坂大師の裏山は、そのまま海の方に広がっており、ここは中世の百首城(もしくは造海城)と呼ばれていました。 戦国里見氏の内乱である天分の内訌については以前にも記事にしたことがあります。 時の当主里見義豊に誅殺された里見実堯の子、義尭は金谷城から撤退して百首城に立…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more