テーマ:歴史:古代

鋸南町の形成 古代編

古代(4世紀頃)、房総半島は「総(ふさ)の国」と呼ばれていました。後の安房国では内房側が阿波の国造(くにのみやつこ)、外房側が長狭の国造により治められていました。 530年頃、総の国は上総と下総に分かれることになります。 大化の改新から律令国家が形成されていくに従い、全国が国、郡、郷に分けて統治される体制となっていきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマトタケル伝説にまつわる「みささぎ島」と富士山

みささぎ島は大黒岩のある岬の先にある小さな島です。佐久間川にかかる渚橋から撮った写真がこちらになります。 鏡のような川面と東京湾に沈む夕日の風景、その先にある富士山もはっきり見えています。すべての時が止まったかのような静寂に満ちた世界です。 富士山とみささぎ島の組み合わせがあまりに良かったのでズームでもう1枚。本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more