テーマ:寺院

大六妙顕寺と感動の忠魂碑

先日記事をUpした大六の奥にあるトンネル(橋)ですが、大六地区の舗装路の最奥、未舗装区間との境に妙顕寺という小さなお寺があります。 住宅地の奥に階段があり、そこが妙顕寺です。 上ってみると何とも慎ましいお寺がポツンと建っていました。 大崩の神社ももっと立派だったので意外でしたが、大六の最奥ということで、開墾されたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愉快な極楽浄土 正林寺

三芳の古民家カフェ 凛のすぐ近くに正林寺というお寺があります。 凛で「面白い和尚さんがいて・・・」という話を聞いたので、ちょっと覗いてみました。 お寺への入り口には「とらわれず こだわらず そのまま そのまま そのまあんま」という相田みつをみたいな言葉がゆるい雰囲気で出されていて、親しみが一気に湧いてきます。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

知恩院と桜花カタパルト ~本土決戦に備えて~

これまで何度か南房総と戦闘との関連の記事をUpしてきました。 房総の戦争遺跡を見て行く中で気になっていた場所へ行ってきました。 道の駅鄙の里三芳村の近くにある知恩院というお寺です。 三芳には本土決戦に備えて建設された人間爆弾桜花の発進基地があり、そこにあった発進用カタパルトが今も保存されているとのこと。 知恩院は房総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那古寺の船形観音と激レア忠魂碑

館山の那古寺に行ってきました。 館山では以前、崖観音に行きましたが、船形ではここ那古寺の船形観音が有名とのこと。せっかくの機会なので見に行こうと思っていました。 朱色の山門が何とも立派ですが、「中に安置されている仁王像は大山不動尊の方が立派だったなあ」という不謹慎な感想を持ってしまいました。 那古寺がしょぼい訳では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢山不動の不動七滝

南房総の地図を見ていた時に、不動七滝というのが滝田の辺りにあるのを見つけました。 ググってみると、何とも美しい紅葉の写真が出ており「よしここへ行こう」と思っていってきました。 そうはいっても今シーズンはもみじろーどの志駒渓谷にもいったので、不動七滝に行ったのは12月に入って紅葉のシーズンもとっくに終わっています。 そう…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

佐久間の十王堂へ

佐久間にある天然温泉「笑楽の湯」の近くにある十王堂にいってきました。 観光案内所で昨年写真展をやっていたりしたので、1回くらいは見てみようと思っていた場所です。 十王堂はバーベキューハウスに生まれ変わった佐久間小学校の隣にあります。 鋸南町指定文化財、十王坐像という看板が立っています。 傍らには佐久間村立佐久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最大の大仏 日本寺

鋸山に引き続いて日本寺のご紹介です。 正確に言えば鋸山の山頂も日本寺の境内なのですが、やはり眺望メインの山頂と伽藍がメインの山麓とでは雰囲気が違います。 その間に千五百羅漢があり、無数の石仏が安置されています。それは見事で見ごたえがあるのですが、階段が延々と連なり時間と体力が必要になるので、短時間で鋸山観光する際はスキップし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

館山観光の目玉! 崖観音

館山にある崖観音に行ってきました。 館山に行ったときに崖の中腹にあるお寺を見つけて、「何だろう?」と思ったのが最初でした。その後、「車あるんですけど」で、崖マニアが南房総の崖を廻る回の時に登場し、行ってみることにしました。 崖観音は正式には大福寺という真言宗のお寺です。お寺のHPにあった説明文を引用します。 崖観音…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

成田山新勝寺に並ぶ鴨川の大山不動尊

鴨川にある大山不動尊に行ってきました。大山千枚田やカフェ草SOの近くにあることは知っていましたが、存在を知っているだけで立ち寄ったことは無かったので初訪問です。 長狭街道から案内板に従って道を進んでいくと大山不動尊の入り口が見えてきます。写真では気に隠れてしまっていますが、赤色の建物は社殿ではなく山門です。 鎌倉辺りの観…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

注目度上昇中!灯篭坂大師の巨大トンネル

インスタ映えするということで大人気になった「濃溝(のうみぞ)の滝」に続く新たな観光地となりつつあるのが竹岡にある灯篭坂大師です。 ここは館山道の竹岡ICを下りて国道127号線を南下します。 城山トンネルのすぐ脇に真っ赤な参道の入り口が目印です。以前は白色だったのですが、随分思い切ったイメチェンをしたものです。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安西館跡と白幡神社、愛宕神社

平安時代から室町時代にかけて安房の有力武士団として活動したのは安西氏です。("安"房"西"部を拠点としたので安西) 安西氏は三浦氏の庶流とも言われ、源頼朝の安房上陸に際しては地元の安西景益が協力して鎌倉幕府成立に貢献しています。 https://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E8%A5%BF%E6%99%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

富津の名水 滝の不動尊

もみじロードの富津側の入り口付近に「滝の不動尊」の看板があります。 どうやら湧水があって名水として有名なようですので行ってみることにしました。 もみじロードの直売所付近を案内板に従って右折して進んでいきます。 すぐ近くなのかと思ったら田んぼの中の、細い1車線の道路を延々と進んでいきます。 ところどころに待…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

幕末の悲劇を伝える妙典寺

妙典寺は浄蓮寺と加地山神社の間にある日蓮宗の寺院です。 こちらは案内板があって由緒が説明されていました。 妙典寺は醍醐山妙典寺と号し、醍醐新兵衛家の菩提寺。 初代定明は田子の台妙典台に荒廃していた妙典寺を再興する為、 自己所有地700坪を寄進し、ここに移しました。 大黒岩の長谷寺の「おつげ観音」の伝説では元禄地震の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小林一茶が訪れた浄蓮寺

浄蓮寺は竜島から勝山商店街へ向かう途中にある浄土宗のお寺です。 お寺の壁に子供たちが書いた絵が描かれているのが特徴的で微笑ましい景色になっています。 浄土宗の公式HPによると正式には華王山清台院浄蓮寺というそうです。 江戸時代初期の創建とされていますが、元禄地震による津波の影響で本堂ごと記録が流出し詳しいことは不明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

足利尊氏にも由来がある大黒岩の寺院群

大黒岩の麓には4つの寺院が集まっている区画があります。いずれも南北朝時代の創建と思われ、700年の歴史がある寺院です。 臨済宗建長寺派 大黒山大智庵は御堂の周りにお墓があるという構成です。案内板などは特にありませんでした。 大隆山法福寺は大智庵の隣にある臨済宗建長寺派のお寺です。宗派は大智庵と同じですが、どういう関係…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

親鸞聖人が来た!! 見事な宮彫りのある勝善寺

県道89号線のVENTOのすぐ先にあるのが勝善寺です。 岩井平野の奥、平久里への山道の手前といった場所にあります。県道を通っている時に山の中の御堂らしい瓦屋根を見つけて、何の気なしに立ち寄ったのがきっかけでした。 行ってみると御堂と思ったそれは鐘突き堂でした。山の中腹にひょっこり立っているそれには階段が整備されており…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妙本寺駐車場にある吉浜小学校跡

国道127号を妙本寺へ曲がると内房線の踏切があり、その手前が駐車場です。ここは吉浜小学校跡地だそうで、入口の石柱と井戸が僅かに残っていのと、石碑が建てられていました。 由緒深き妙本寺に明治七年五月開校 同二十年十二月門前に上校舎新築 白い砂浜きすが浦 霊峰富士を望む地に昭和二十五年下校舎完成 世に送りし有為の士多し 同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦国里見氏にも関係する古刹 保田妙本寺

道の駅「きょなん」と菱川師宣記念館の目の前に大きな山が迫っています。この山の裏手にあるのが妙本寺です。入口が国道からは分かりにくく、石材屋さんがあるのが目印。 20年以上、お寺があることにすら気付かなかったのですが、中世史研究を行っている友人が遊びに来た時に「是非行きたい」と言われて初めてその存在を知りました。日蓮宗⇒日蓮正宗…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more