テーマ:史跡

大六妙顕寺と感動の忠魂碑

先日記事をUpした大六の奥にあるトンネル(橋)ですが、大六地区の舗装路の最奥、未舗装区間との境に妙顕寺という小さなお寺があります。 住宅地の奥に階段があり、そこが妙顕寺です。 上ってみると何とも慎ましいお寺がポツンと建っていました。 大崩の神社ももっと立派だったので意外でしたが、大六の最奥ということで、開墾されたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知恩院と桜花カタパルト ~本土決戦に備えて~

これまで何度か南房総と戦闘との関連の記事をUpしてきました。 房総の戦争遺跡を見て行く中で気になっていた場所へ行ってきました。 道の駅鄙の里三芳村の近くにある知恩院というお寺です。 三芳には本土決戦に備えて建設された人間爆弾桜花の発進基地があり、そこにあった発進用カタパルトが今も保存されているとのこと。 知恩院は房総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

那古寺の船形観音と激レア忠魂碑

館山の那古寺に行ってきました。 館山では以前、崖観音に行きましたが、船形ではここ那古寺の船形観音が有名とのこと。せっかくの機会なので見に行こうと思っていました。 朱色の山門が何とも立派ですが、「中に安置されている仁王像は大山不動尊の方が立派だったなあ」という不謹慎な感想を持ってしまいました。 那古寺がしょぼい訳では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白砂青松の勝山海岸を守った人の話

佐久間川沿いを散歩している時に顕彰碑を見つけました。 神社などならともかく、こんな住宅街にポツンと顕彰碑があるなんで珍しいなと思って読んでみました。 書き出しは「小藤田翁碑」。小藤田伊助という戦前の勝山町長の功績を伝えるものでした。 全文を撮ってはいないので、読み取った内容を要約します。 小藤田町長は国有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒船に備えた江戸湾の護り 竹岡砲台

百首城のある城山の隣には竹岡の町が広がっており、山と町の間には白狐川の河口があります。河口から見上げる城山の高さと迫力はなかなかのものです。 富津岬と観音崎の間が東京湾の最も狭い部分で、ここに人工島を作って砲台を設置するというのが幕府の江戸防衛プランでしたが資金不足で断念。代わって作られたのが品川のお台場です。 人工…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

頼朝を竜島に導いた旗立山

旗立山は竜島の神明神社近くにある小山です。竜島の浅間山の尾根に続いているような格好になっています。 治承4年(1180年)8月29日、伊豆の石橋山で敗れた源頼朝が安房国猟島(竜島)に上陸します。その際に先発した北条時政らが旗立山に源氏の白旗を立てて、それを目印にしたと言われています。 この頼朝上陸から安房平定に至る話は以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

源頼朝の安房上陸と平定に至る話

治承4年(1180年)8月17日、源頼朝は伊豆で平家打倒の兵を挙げ、伊豆国目代・山木兼隆を打ち取ります。 伊豆を制圧した後、相模へ向かった頼朝軍ですが、呼応して挙兵した三浦氏の軍勢と合流する前に、8月23日石橋山の戦いで平家方の軍勢と戦いになり敗北します。 この時、頼朝軍は300、対する平家軍は3000と言われています。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

房総捕鯨の祖 醍醐新兵衛の墓

勝山は房総半島における捕鯨のルーツです。 江戸時代、初代醍醐新兵衛によって始められた捕鯨はより南へ拠点を移し、現在は和田浦が日本で4か所、房総半島で唯一の捕鯨基地となっています。 和田浦の捕鯨については以前に道の駅「和田浦WA・O!」で記事にしました。 あちらでは捕鯨の歴史についての資料館が無料公開されていましたが、そ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

捕鯨の歴史を物語る板井ヶ谷の鯨塚

住吉飯店の裏手にある駐車場を奥へ奥へと歩いて行くと岩井袋に抜けていく道があります。狭い1.5車線程度の道を通りトンネル抜けると岩井袋の集落に入ります。 その途中に鯨塚への案内板を発見したので行ってみました。住宅が並ぶエリアの裏山といったところに階段があり、そこに鯨塚がありました。例によって案内板の説明を引用します。 …
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

五島慶太の別荘「大正庵」

大六漁港の前、亀ヶ崎にある大正庵です。 綺麗な日本家屋で誰かの別荘なのでしょうが、あまり人気も無く不思議な建物だなあと思っていたのですが、なんと地元の鋸南不動産に売り出し中の記事が出ていました(笑) 東急電鉄の創始者 五島慶太 が、大正天皇の生母の実家「柳原家」を京都から移築したとされる由緒ある古民家別荘”大正庵 ”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幕末の悲劇を伝える妙典寺

妙典寺は浄蓮寺と加地山神社の間にある日蓮宗の寺院です。 こちらは案内板があって由緒が説明されていました。 妙典寺は醍醐山妙典寺と号し、醍醐新兵衛家の菩提寺。 初代定明は田子の台妙典台に荒廃していた妙典寺を再興する為、 自己所有地700坪を寄進し、ここに移しました。 大黒岩の長谷寺の「おつげ観音」の伝説では元禄地震の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小林一茶が訪れた浄蓮寺

浄蓮寺は竜島から勝山商店街へ向かう途中にある浄土宗のお寺です。 お寺の壁に子供たちが書いた絵が描かれているのが特徴的で微笑ましい景色になっています。 浄土宗の公式HPによると正式には華王山清台院浄蓮寺というそうです。 江戸時代初期の創建とされていますが、元禄地震による津波の影響で本堂ごと記録が流出し詳しいことは不明…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

妙本寺駐車場にある吉浜小学校跡

国道127号を妙本寺へ曲がると内房線の踏切があり、その手前が駐車場です。ここは吉浜小学校跡地だそうで、入口の石柱と井戸が僅かに残っていのと、石碑が建てられていました。 由緒深き妙本寺に明治七年五月開校 同二十年十二月門前に上校舎新築 白い砂浜きすが浦 霊峰富士を望む地に昭和二十五年下校舎完成 世に送りし有為の士多し 同…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more