テーマ:神社

鴨川の流鏑馬 吉保八幡神社祭礼

大変な状況になっている南房総ですが、そんな時、9月の最終週に鴨川で流鏑馬が行われます。 もともとずっと気になって行こうと思っていたのですが、思いもよらぬ災害で頭の中から無くなっていました。週末に勝山へ行くとなった時に、そういえばと思い出しましたのです。 午前中の雨で屋根からの雨漏りが見つかって応急処置したりして行くかどうか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝山地区祭礼

7月13日は勝山のお祭りでした。勝山地区の各神社で一斉に神輿や担ぎ屋台が街を練り歩きます。 竜島の神明神社、見に行った時は既に出発した後でしたが、神社はお祭りモードになっています。 竜島漁港に出てみると八王子神社は天高く幟がはためいていて気持ちがすっとしてきます。 竜島から勝山商店街に行く途中で、街を練り歩いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴谷八幡宮は一見の価値あり!!

館山駅に行く途中にある鶴谷八幡宮。参道が非常に立派で鎌倉の鶴岡八幡宮を想い起させる雰囲気があり、前から気になっていました。今回初訪問です。 神社の駐車場に止めてはいるとまず立派な忠霊塔が見えてきます。昭和30年代に建立されたもので、日清、日露、大東亜戦争の戦没者が祀られています。 数えていませんが、忠霊塔の脇には戦死…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

平群天神社と大正デモクラシーの息吹

平久里の平群天神社へ行ってきました。 富楽里から山を越えて房総を東西に横切る県道89号線と、南北に縦走する県道88号線の交差点付近に存在する平久里地区の鎮守です。 前にも書きましたが、交差点の名前は「平久里」で小学校は「平群」でどちらが正しいということも無いようですが、神社は「平群」の漢字を使っていました。 (どちらも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志駒渓谷の日吉神社

もみじろーど散策の際に、山中公民館から歩いて行ったところにある日吉神社に行ってきました。 道路沿いは真新しい階段でしたが、その先は年季の入ったいい雰囲気。 日吉神社は道路から少し高い所にある高台にあります。 階段を上ると奥へ奥へと進んでいく道があります。 進んでいくと広場があって、そこからポツンと社殿がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある日の大崩八雲神社

季節は漸く涼しくなって秋らしくなってきました。そこでふっと思い立って大崩村へ。 目的地は村の鎮守である八雲神社です。 山を背にした八雲神社の社殿。山の景色は色づき始めていましたが、紅葉というにはもう一歩というところ。 御神木の銀杏を見に来たのですが、こちらももう少し。12月の最初辺りが見頃かもしれません。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

勝浦のパワースポット!?遠見岬神社

勝浦の朝市のついでに遠見岬神社に行ってきました。 朝市が門前で開かれており、商店街を見下ろす格好の神社なので、もともと勝浦の鎮守様なのだと思います。 遠見岬神社の名物は何と言ってもこの階段です。商店街のある地面から急激に上っていく迫力があります。 3月の雛祭りの頃には、この階段にひな人形がずらりと並べられるという、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題のパワースポット 吉浜神社

ばんやのすぐ近くにある吉浜神社のご案内です。ここはパワースポットとして話題になっているそうです。 http://www.powerspotnavi.com/chiba/yoshihama.htm ばんやの里山パーキングの曲がり角から1本勝山方面に行ったところの角を曲がります。ここにある踏み切りを渡ると目の前にある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカリモの発生する黄金井戸

竹岡の町から金谷方面に行く途中の国道127号線沿いに黄金井戸という看板が出ています。 館山道が開通する前は木更津から国道を通って勝山まで行っていましたので、一度は見に行かないととずっと思っていながら、そのままになっていた宿題です。 国道沿いにあって駐車スペースも3台分くらいはありました。石仏と鳥居があって古い時代からの信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市井原の鎮守 歴史を感じさせる八幡神社

市井原にある八幡神社をご紹介します。 長狭街道から山奥のイタリアン ジェノバへの角を曲がったところにある神社です。この神社を左手に見ながらジェノバは山を登っていきます。 入口はこの通りなかなか立派で、ここから保田川を渡ったらすぐに急な階段があります。 階段を一気に登ると、こちらの立派な社殿が姿を現します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩井袋浅間山に登りました

岩井袋の集落内、漁港の目の前にあるのが岩井袋浅間神社です。 リアス式海岸になっている岩井袋は、その特色の通り山が海のギリギリまで迫っています。 元禄地震をはじめ、過去に何度も津波被害を受けてきたのだと思いますが、そのせいか浅間神社は高台にありました。 地震が起きたら地区の人たちはここか、板井ヶ谷に抜ける方向の高台か…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

安西館跡と白幡神社、愛宕神社

平安時代から室町時代にかけて安房の有力武士団として活動したのは安西氏です。("安"房"西"部を拠点としたので安西) 安西氏は三浦氏の庶流とも言われ、源頼朝の安房上陸に際しては地元の安西景益が協力して鎌倉幕府成立に貢献しています。 https://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E8%A5%BF%E6%99%…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ひょっとして廃墟?大黒岩の岩窟に作られた浅間神社

大黒岩の麓にある長谷寺の奥に「浅間神社・金刀比羅宮」の案内板が出ています。 これは大黒岩展望台へのルートとは違うのですが、階段が設けられており、登ることが出来ます。 一体何があるんだろうと不思議に思っていましたので、今回登ってみることにしました。 結構急な階段を上っていきますが、展望台へのルートと違って手す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富楽里でお囃子に遭遇ー国司神社ー

いつものように野菜を買いに道の駅「富楽里とみやま」へ行ったら何やらイベントが行われていました。 何だろうなと思ってみるとお祭り姿の人たちによる勇壮な太鼓のお囃子。平久里下囃子保存会「山響鼓」との看板が出ていました。 太鼓を叩く勢いが凄かったです。手に持ったバチが見ている間に3回くらい折れて吹き飛んでいましたが、そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トトロの住処? をくずれ水仙郷の八雲神社

をくずれ水仙郷を散策していて、最高点の少し手前にあるのが八雲神社です。 山里の景色と一体化したような雰囲気はトトロに出てくる神社のよう。大六神社も似たような雰囲気を持っていましたね。 水仙を見ながら歩いていると正面に立派な石垣が見えてきて、何だろうと思ったのが最初の印象です。 近くで見ると氏子中奉献とあり、日付…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

源頼朝が戦勝祈願を行った神明神社

竜島の住宅街の真ん中にある神明神社です。大きな鳥居があり、竜島の町はこの神社を中心に形成されています。我が家は勝山に来た時に必ずお参りしています。 竜島に上陸した源頼朝がこの神社で戦勝祈願を行ったと言われていますので、少なくとも創建800年以上と思われます。神明神社の神主は源頼朝が上陸したときに姓を与えられた左右加家が江戸時代…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

勝山の氏神 加知山神社

加知山神社は勝山の氏神様です。境内に説明文が無いのでいつごろ創建されたのかは分かりませんでしたが、こちらのページに由緒が書かれていました。 南房総花海街道:http://etabi.boso.net/?p=558 加知山という文字は、明治になって勝山藩となった時、福井の勝山藩と混同しないために加知山藩と表記されたことに由…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

地域の伝統を感じさせる大六神社祭礼

頼朝まつりで大六神社の山車が出ていたので、大六神社のお祭りも覗いてみようと思い立ちました。 (大六神社についてはこちらで記事にしています) 夕方外に出てみると、頼朝まつりで菱川師宣記念館に来ていた大六神社の山車が、大六海岸に移動していました。 山車の前で民謡が流れてみんなで踊り、コミニティセンターが開いて酒盛りが行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トトロの神社!? ジブリの世界!? 山の麓に静かに佇む大六神社

鋸南町の幹線である国道127号線を亀ヶ崎付近から山側に入ったところにあるのが大六神社です。隣には鋸南中学校のグラウンドがあります。 この奥行きのある参道が実にいい雰囲気を出していて、パワースポット的な魅力があります。 大六神社は海岸から目立った位置にある聳える浅間山のふもとに位置していますが、周辺には何もないので知ら…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more