のんびり勝山生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦国里見氏にも関係する古刹 保田妙本寺

<<   作成日時 : 2017/09/25 13:32   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

画像

道の駅「きょなん」菱川師宣記念館の目の前に大きな山が迫っています。この山の裏手にあるのが妙本寺です。入口が国道からは分かりにくく、石材屋さんがあるのが目印。

20年以上、お寺があることにすら気付かなかったのですが、中世史研究を行っている友人が遊びに来た時に「是非行きたい」と言われて初めてその存在を知りました。日蓮宗⇒日蓮正宗と変わった後で独立したそうで、山門に「大本山妙本寺」と掲げられています。

創建は建武3年(1336年)、南北朝の動乱の頃ということで700年近い歴史があります。


中世史研究をやっている友人がここに魅かれたのはその名も「妙本寺合戦」です。

これは「天文の内訌(稲村の変)」と呼ばれる戦国大名里見氏の内乱で発生した一連の合戦の一つです。天文の内訌については別に記事を上げる予定です。
※追記:こちらに記事をUpしました。

この妙本寺合戦の後も、房州逆乱と呼ばれる里見家に対する反乱の際に、援軍として北条綱成が妙本寺付近に上陸し、当主里見義尭(よしたか)のブレーンともいうべき妙本寺住職・日我浮島に避難していたりします。

お寺の中に入ると鋸南町教育委員会の立てた説明文がこの寺の歴史を教えてくれます。


中谷山妙本寺は宰相阿闍梨日郷上人により建武二年(1335)に開創された日蓮宗富士講流八ヶ寺の本山の一山で、安房の磯村(鴨川市)で布教活動をしていた日郷上人に帰依した吉浜の地頭佐々宇左衛門尉が、自邸山林田畑等を寄進し、ここに寺堂を建立したのが始まりと伝わります。

駿河や西国、九州各地にまで多くの末寺を抱える安房の名刹として知られ、戦国期には房総の戦国大名里見氏と深い関わりを持ち、庇護されて大発展を遂げました。


画像

客殿の向拝装飾彫刻は町指定の有形文化財となっているそうで、安房の三名工の一人に数えられた房州後藤彫りの初代後藤義光が49歳の時の作とのことです。

最初見たときは「こんな田舎にこんな立派なものがあるのか」と驚きました。田舎と言えども長い歴史を持つ由緒ある土地です。侮ってはいけません。こういう場所がそこらじゅうにあるというのが日本の国の奥深さだと言えると思います。

画像

境内には他にも皇太子殿下御立寄記念之碑があり、これは戦後間もない昭和23年とありました。

画像

本殿は山の中腹にあり、それを囲むように急な斜面に大量のお墓が林立しています。ちょうど本殿の周りにそびえる城壁のようで、合戦の際には城砦として威力を発揮したであろうことは容易に想像されます。上総の竹岡金谷から安房へ侵入する敵を防ぐ前線基地といった印象です。

画像

山のてっぺんまで登って景色を見たいと思いましたが、電気柵が張り巡らされており断念しました。猪が土を掘り返してお墓を荒らしてしまうので、その対策だそうです。

画像

お墓のエリアの奥には歴代住職の墓石が並ぶエリアがあり、宗祖日蓮上人、開祖日郷上人らの名前が確認できます。これを見るだけで妙本寺の歴史の深さを実感できます。

定期的に新しくされているようでピカピカです。古い墓石は脇によけてありました。

画像

山にてっぺんには登れなかったので、反対側に回り込んでみたのがこの写真です。山の急斜面がググッとせり出しているのがわかります。

現在は国道127号が通り、スーパーマーケットのODOYAがありますが、おそらくこの平地は埋め立てではないでしょうか。
昔は道があっても細いもので、山の上から矢を射かけられたらどうしようもありませんし、この急斜面に取り付いて登っていくことは不可能です。これぞまさしく天然の要害。

画像

千葉県の立てた急傾斜地崩壊危険区域の看板がありましたが、これがここの地形を分かり易く説明しています。





ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鱚が浦
鋸南町の幹線である国道127号線沿いにある吉浜。例によって山が海岸近くまで迫っている房総の地形が特徴的で、平地がほとんどありません。亀ヶ崎を挟んだ隣に大六があります。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2017/10/31 12:35
ばんやの奥にある未完成道
思いもよらぬところで山登りの探検をすることになりました。なんか最近このパターンが多いですね。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2018/02/19 20:29
沢山不動の不動七滝
南房総の地図を見ていた時に、不動七滝というのが滝田の辺りにあるのを見つけました。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2018/12/25 20:27
大六妙顕寺と感動の忠魂碑
先日記事をUpした大六の奥にあるトンネル(橋)ですが、大六地区の舗装路の最奥、未舗装区間との境に妙顕寺という小さなお寺があります。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2019/05/08 22:42
鶴谷八幡宮は一見の価値あり!!
館山駅に行く途中にある鶴谷八幡宮。参道が非常に立派で鎌倉の鶴岡八幡宮を想い起させる雰囲気があり、前から気になっていました。今回初訪問です。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2019/06/10 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦国里見氏にも関係する古刹 保田妙本寺 のんびり勝山生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる