佐久間と佐久間氏

里見家を支えた正木氏について調べていくと面白い事実が分かりました。

正木氏の出自は実際のところ不明ですが、三浦氏の庶流とされています。三浦氏坂東八平氏と呼ばれる関東に勢力を張った有力な武士団の一つです。

保元・平治の乱源義朝に従って奮戦した三浦義明は、治承4年(1180年)に頼朝が伊豆で挙兵した際にも従います。しかし石橋山の合戦頼朝は敗北、安房へ逃れます。(この時頼朝が上陸したのが勝山竜島です)

三浦氏もこの時安房へ逃れますが、当主義明衣笠城に籠城して討死します。

安房で三浦氏と合流した頼朝千葉氏、上総氏を味方に加えて反撃に転じ、鎌倉を押さえて関東に勢力を確保していくことになります。

三浦氏は三浦半島、房総半島の武士たちのルーツです。正木氏も三浦氏の誰かが正木を名乗ったことから始まっています。



画像

さて、この三浦義明の四男が三浦義春、そしてその息子三浦家村が領地としたのが安房国平群郡狭隈郷を領地とします。この狭隈郷が現在の鋸南町下佐久間から上佐久間にかけてとなり、三浦家村の子孫は以後佐久間氏を名乗ります。

佐久間氏が佐久間にいた期間は短く、家村の養子である朝盛が建暦3年(1213年)の和田合戦で敗れて越後へ逃れ、その子家盛承久の乱の功績で上総尾張に領地を与えられて子孫が定住します。

よって佐久間氏の子孫が現在の佐久間にいる訳ではないと思われますが、こういうところに縁があるというのは面白いですね。

尾張に定住した佐久間氏では、織田信長の重臣として活躍した佐久間信盛がおり、大河ドラマにもたびたび登場します。更に幕末の動乱を生き、吉田松陰や勝海舟、坂本竜馬らの師となった佐久間象山も尾張佐久間氏の流れを汲む人物です。

全国の佐久間さんのルーツが此処にあるという訳です。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ 地方・郷土史へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック