のんびり勝山生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 沢山不動の不動七滝

<<   作成日時 : 2018/12/25 20:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

南房総の地図を見ていた時に、不動七滝というのが滝田の辺りにあるのを見つけました。

ググってみると、何とも美しい紅葉の写真が出ており「よしここへ行こう」と思っていってきました。

そうはいっても今シーズンはもみじろーど志駒渓谷にもいったので、不動七滝に行ったのは12月に入って紅葉のシーズンもとっくに終わっています。
画像

そうしていってきたのがこちら。

かじか橋という吊り橋の先に不動様の御堂が見え、周りの木々が赤く色づいていたら素晴らしい景色だと思われます。
無理して来れば良かったという後悔もありますが、来年の紅葉で再チャレンジすることとして、今回は下見記事です。
画像

不動七滝沢山不動という不動様にあります。

滝田城のある滝田郵便局付近を県道88号線から丸山方面へ曲がっていったところです。
こちらに看板が出ており、集落の一番奥に位置しています。

県道を曲がって集落の中に入れば、要所要所に沢山不動への案内が出ているので迷うことは無いでしょうが、
基本的に道は1.5〜1車線で狭いです

集落の中のグネグネ曲がる道を抜けると、今度は山の中に入っていきます。
苔むした道路と法面を見ながら1車線道路を進んでいくので、果たして本当にこの道が生きているのか不安になってきます

画像

ずっと進んだ先に見えてきた行き止まり。
こちらが駐車場になっていますが、駐車場というよりも待避所が駐車場になっているような印象です。
画像

駐車場の先はこんな感じ。
軽トラは入れるかもしれないが、この先行き止まりの看板のある林道です。

なかなか凄い所に来てしまったなあ。。
画像

こちらの案内板に周辺地図がありました。

駐車場から下に下りる細い階段、もしくはまっすぐ進んで不動様に出るかの2ルートです。
ここまでの道が、そもそもこの場所が使われているのか怪しいような様子だったので、細くて暗い階段(訪問時は日没のちょっと前)を敬遠して、まずは不動様へ。
画像

こちらが沢山不動です。無人の御堂で周囲は静まり返っています。
縁起を記した案内板があったので引用します。

沢山不動堂と七ツ滝
一、本尊不動明王
昔から「沢山の不動さま」と親しまれ安産・商売繁盛・学業成就などに霊験があるとされている。
縁日は毎月二十八日、特に正月・六月の縁日には大護摩が厳修され、遠近からの参詣人でにぎわう。本堂向拝の竜の彫刻は千倉町の後藤義孝の作である。
二、由緒
創立縁起については不明であるが「里見公 守り給ひし 不動尊 残す宝は ここに勝つ勝つ」という古歌が伝誦されている。また安房国三十六不動尊霊場第三十四番の札所でもある。
三、景勝七ツ滝
不動滝、棒滝などがあり、全景を見通すことはできないが岩間に不動尊の石像が安置されているのは、ここが行者が水行をした証であるなど景勝の地である。

後藤義孝という名前から考えると、妙本寺の宮彫りをおこなった後藤義光の門下なのかもしれません。その辺は疎いので想像ですが。。
画像

不動様の目の前にあるのがかじか橋という吊り橋です。冒頭の写真は渡った先から振り返って撮ったものです。

紅葉が終わって、色づいている葉も僅かですが美しい景色であることは間違いありません。沢山不動の名前は聞いたことがありませんでしたが、結構穴場のスポットなのかもしれません
画像

橋の上からみえるのが不動七滝

階段状に7つの滝が連なっている様子が見られます。
画像

かじか橋を渡ったところから階段を下に下りていくと河岸に到着です。東屋もあって滝の音と木々の織り成す美しい景色を楽しむことが出来ます

ここに架かっている橋を渡れば階段があり、駐車場まで戻って1周となります。
画像

この橋のところで小さな小川が合流しますが、その小川の先にあるのが棒滝のようです。

橋の上からちょっと覗いただけで滝は見れませんでした。後で案内板を見て「そうなのか」と思ったところなので、次回訪問時の宿題です。

新緑の5月なら景色が楽しめそうな気がします。



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大房崎自然公園を歩く
館山湾は南北にある大きな岬に囲まれています。南の洲崎には海上自衛隊の基地がありますが、反対の北側にあるのが大房崎です。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2019/01/14 21:18
房総の秘境 梨沢渓谷 -撤退編-
上総湊から国道465号線を通って滝の不動尊と直売所、そしてもみじろーどを通って長狭街道から保田、勝山へと行くルート、これが日中帯に勝山へ行く際の定番コースです。滝の不動尊の湧水を汲み、直売所の安い野菜を買って、もみじろーどを快適にドライブします。 ...続きを見る
のんびり勝山生活
2019/04/18 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沢山不動の不動七滝 のんびり勝山生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる