陸上で魚を育てる話

アジと金魚が同じ水の中で泳ぎ、その水で小松菜が水耕栽培されている。岡山理科大学の山本俊政准教授が開発した人工飼育水「好適環境水」のお話。

ネットで発見した記事ですが、これは鋸南町にも導入できるのでは!?と思ったので記事にしてみました。

海を知らない海水魚を養殖する。「農漁」が世界の食を変える。
https://wired.jp/waia/2017/27_toshimasa-yamamoto/

海の魚を内陸で養殖できる「新しい水」 「農漁者」が日本を救う
https://www.projectdesign.jp/201902/area-okayama/005971.php

山の中の実験施設でマグロが育つという奇妙な光景ですが、この好適環境水海水魚にとってもストレスが少なくて成長が早いとのこと。通常の養殖では沖に生け簀を浮かべて行うので漁船が必要、行き来するのに燃料が必要、海水温の変化や病気によって中の魚が死んでしまったり、台風で生け簀が破損したりする可能性もある。

それが陸上の水槽でできるとなると、圧倒的にコストが安くなります。水温はコントロールできるし、建物の中なので強風や高波で破損する心配もない。

好適環境水を作るのは真水に粉末を入れるだけ。穴を掘ってもいいし、廃校になった学校のプールでも養殖環境が作れるということです。魚にとって有害な排泄物を浄化するバクテリアを使っているので、一度入れた水を取り替える必要がないというのも信じられないことです。


廃校になった佐久間小学校のプールは使われずにそのままになっていますが、ここを再利用して養殖池にしてしまうというのは、トライアルとしては面白いのではないでしょうか?

上手くいったら例の採石場跡地、せっかく巨大な穴が開いているのだから、そこを養殖池にしてしまうというのも面白そうです。

まあ採石場は施設建設のコストが掛かりそうなので、すぐやるという訳にはいかないでしょうが、佐久間小学校のプールであれば大したコストもかからずに実験できそうな気がします。

鋸南町は現在、台風15号により町全体が大きな被害を受けています。
下記にて義捐金の受付を行っていますので、皆様のご支援をお願い致します!!

ふるさと納税:令和元年台風15号 千葉県鋸南町



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

人気ブログランキング
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉 その他の街情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント