探索 水ノ台の滝 その⑤~水ノ台の滝~

亀割の滝を確認したことで、来た道を引き返して志駒川の源流へ向かっていきます。 細い谷筋を抜けて水ノ台の集落に戻って川沿いに直進。途中川に下りられそうな道も発見しましたが、雑草が繁茂していて侵入は断念しました。冬場であれば覗けたのでしょうけどね。。 進んでいくと道路が一部崩落して車両の通行は難しそうでしたが、歩いて行く分に…
コメント:0

続きを読むread more

探索 水ノ台の滝 その④~亀割の滝~

前回の続きです。水ノ台地区の小山を回り込む形で人気のない薄暗い道路を1人でテクテク歩いて行きます。 川のせせらぎが聞こえており、志駒川沿いに自分がいるということが察せられました。 しかし生活感のない山の中、土地勘も無い場所を1人で歩いて行くというのは怖いもので、イノシシなどが突然飛び出してきたらどうしよう、とドキドキしな…
コメント:0

続きを読むread more

探索 水ノ台の滝 その③~水ノ台を探索~

大崩の峠を越えていよいよ水ノ台に入ります。 写真の通り緩やかな傾斜地に田んぼが段々に広がり、その中に家屋がポツリポツリと存在しています。 家の奥の斜面は大きく崩壊しており、これもやはり台風の被害なのでしょう。 見渡す限りの草原、、、と言いたいところですが地形は広場が段々になっている構造で、かつての水田が放棄され雑草…
コメント:0

続きを読むread more

探索 水ノ台の滝 その②~大崩の今~

佐久間ダムから山を登り、大崩地区の入り口です。 夏らしい真っ青な空と白い雲、そして斜面に走る道沿いの並ぶ家屋。ブルーシートの掛る屋根も散見されますが、最初に訪れた時に感じた「天空の村」というイメージそのままの風景です。 前回述べたように目指す水ノ台は大崩の中心部から峠を越えた向こう側になります。まずは途中にある鎮守の八雲…
コメント:0

続きを読むread more

探索 水ノ台の滝 その①~プロローグ~

房日新聞の連載で房総名瀑紀行というシリーズがあります。この過去記事をネットで読んでいると鋸南町の滝もいくつか紹介されているのを見つけました。 興味をそそられたのは大崩にある水ノ台の滝。水ノ台は大崩の八雲神社の先、峠を越えた反対側にある字名です。 房総名瀑紀行 [第10回] 水ノ台の滝(みずのだいのたき, 鋸南町大崩) …
コメント:0

続きを読むread more

海遊魚のスペシャルかき氷

鋸南町の大六にあるカフェ海遊魚です。夏休み中ということで店内は満員で、珍しくテラス席に入りました。 カフェ自体が少し高いところにあるので、鱚ヶ浦美しい景色が見られます。 店内からだと木々に隠れてしまっていますが、テラスからだとバッチリ。この日は風があったので、日陰に居ると暑さもしのげて心地よいです。 注文は抹茶のか…
コメント:0

続きを読むread more

三芳の無農薬 山名直売所

三芳に無農薬野菜専門の直売所があります。毎週土曜日の朝9時に開かれるものの、凄い人気であっという間になくなってしまうのだとか。 待つ人は8時半くらいから待っているということなので、8時半を目指して行ってみようということになりました。 場所は百姓屋敷じろえむのすぐ近く、ナビを観ながら進んでいくと集積所のような建物で直ぐに分…
コメント:0

続きを読むread more

富津で発見!!らーめん方雅

すっかりお馴染みになった滝の不動尊への水汲みの道すがら。どこかでお昼を食べたいなというところで、食事のできるお店を探していたところ、もみじろーど(県道182号)と国道465号の交差点でラーメンの幟を発見。 普段は通り過ぎていましたので、今回初訪問となるらーめん方雅です。直近でリフォームしたらしく外装は真新しい感じです。 …
コメント:0

続きを読むread more

藁珈琲洞 海辺のパーラー再び

また行きますという宣言通り、鋸南町の民宿おしなやで限定オープンしている藁珈琲洞の海辺のパーラーへ行ってきました。 前回は雨模様でしたが、今回は晴天。おしなやのテラスが開場です。 民宿の窓がかき氷の注文カウンターになっています。 その先のテラスはコーヒーと各種焼菓子のコーナー。 テラスにはテーブルが並べられ…
コメント:0

続きを読むread more

富浦のCafe Vista

台風被害後に2~3度訪れた富浦のカフェVistaへ久しぶりに行ってきました。お気に入りのお店でしたがコロナの自粛があったので約半年ぶりです。 富浦の大房崎自然公園に向かう途中にあるお店で、道沿いにあるこちらの看板が目印です。前回は薪ストーブの温かな店内が印象的でした。 梅雨の晴れ間ということですが7月も後半で青空と山の緑…
コメント:0

続きを読むread more

勝山の名店なぎさ

勝山の竜島にあるなぎさのご紹介です。 小さい頃に何度もうなぎを食べに行った思い出のお店なのですが、当たり前に馴染み過ぎていてブログの記事に上げるのは今回が初めてになります。 各種グルメサイトなどでは寿司や海鮮として掲載されていますが、私の中ではうなぎ屋のイメージです。 ちなみに2号店は道の駅きょなん、3号店は道の駅保田…
コメント:0

続きを読むread more