山奥ニートから「田舎暮らしサロン」というアイディアを考えてみた

15人のニートが「超限界集落」の廃校に集う理由 https://business.nikkei.com/atcl/interview/15/238739/011400276/ 日経ビジネスの記事ですが、山奥でニートが集まって仕事もせずに暮らしているという話。以前からこういう人たちも居るという話は聞いていました。 一般常識で…
コメント:2

続きを読むread more

保田神社と空挺レンジャー

ボランティアで鋸南町に来た人にとっては見覚えがあると思いますが、保田神社のご紹介です。国道から長狭街道に入り、内房線の踏切を渡った先にある神社で、台風の瓦礫集積場となったケアセンターすこやかの近くです。 立派な社殿と、その割に何もない境内が印象的ですが、祭りの際にはここで山車がでて大いに盛り上がる場所でもあります。 台風…
コメント:0

続きを読むread more

鋸南町への水力発電導入について

購読しているメルマガに「国際派日本人養成講座」というものがあります。最近の記事で水力発電について取り上げられていました。最近の水力発電はかなり効率が良くなっていて、ちょっとした高低差や用水路などに仕掛けても十分な発電が行えます。何年か前に話題になって面白いなと思ったので、久しぶりに思い出しました。 No.1142 小水力発電 …
コメント:0

続きを読むread more

沢山不動へ、見頃までもう一歩

先週、色づき始めた沢山不動へ行きましたが、見頃まではもう一息といったところでした。 そこで1週間後にいってみました。大分色づいて見頃を迎えてきています。 沢山不動の顔というべき「かじか橋」、紅葉が美しいですが、もう少し赤くなると最高ですね。 今回はかじか橋から滝の下へ階段を下って行きました。こちらも落ち…
コメント:0

続きを読むread more

金束にオープンした古民家カフェKOZUKA513

長狭街道の平塚交差点すぐのところに新しいカフェがオープンしました。新しい素敵な雰囲気のお店ができたなと思っていたのですが、今回初訪問です。 古民家を今風にリフォームしたお店はすごくお洒落ですね。 店内は古民家の立派な梁や柱をそのまま残し、天井を取り払って壁を塗りなおしてあります。一見すると日本家屋とは思えませ…
コメント:0

続きを読むread more

菱川師宣の墓所 保田別願院

保田海岸は夏目漱石が訪れて海水浴を行ったという海水浴発祥の地です。この長大な海岸線は勝山海岸よりも長く、岩井海岸に近い雰囲気があります。 この保田海岸沿いにある別願院へ行ってきました。 鋸南町のイメージキャラクター「みかえりちゃん」は、江戸時代に保田に生まれ、江戸に出て浮世絵の祖となった菱川師宣の見返り美人に由来…
コメント:0

続きを読むread more

勝山城址と八幡神社

現在、勝山の大黒岩山頂には天守閣に似せた展望台がありますが、中世にこの地にあった勝山城は大黒岩ではなく、向かいの八幡山にありました。 戦国時代、里見水軍の根拠地である勝山港を守る重要な海城でした。 勝山漁港、そして勝山商店街の裏山というべき八幡山の麓に井戸があり、そこから遊歩道が整備されています。 何年かぶりに…
コメント:0

続きを読むread more

人気のない山の中に佇む巨大な神社 鶴ヶ峰八幡神社

鋸南町では水仙まつりが始まります。鋸南町は水仙の生産日本一、日本全体の生産量の7割以上を占める一大産地です。町内の水仙は1億本ともいわれ、冬場の観光の目玉になります。 町の中を散策するだけでも、そこら中に水仙の花が咲き乱れていますが、主要な観光スポットとしては佐久間ダムを中心とするエリアと、江月水仙ロードになります。 保…
コメント:0

続きを読むread more

里のペットフード ジビエ利用のアイディア

採石場跡地利用のアイディアシリーズで、いろいろ無責任に妄想している中で、「単純に穴の周りを囲って動物を入れてサファリパークにする」という半ば冗談のような考えが浮かびました。 まあサファリパークのノウハウなど持っている人も殆どいないだろうから、マジメに考えるような話でもないなと思ったのですが、その際に山で捕れるシカやイノシシをライオ…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア 自衛隊編

そろそろネタが尽きてきて、前回のメガソーラーは結構苦しい感じでしたが、次も苦しいような、抗議が来そうで怖い気がしています。次のアイディアは軍事利用(!) 北朝鮮のミサイル問題とか、中国が軍事圧力を思いっきり押し出していろいろなところにプレッシャーをかけたりして、何もしないで国の安全が確保できるとは言えない世の中になってきました。冷…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア メガソーラー編

採石場の跡地利用ということで調べてみると、ぽつぽつヒットするのが太陽光発電所にするという事例です。広くて遮るものがなく、森林伐採の必要もなく、基本的にはほったらかしで電気を生んでくれる。スペースだけがネックになるので、採石場であれば条件は満たしています。 現に吉浜の妙本寺の先には耕作放棄地にソーラーパネルを大量に並べてありました。…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア 里山編

ミドリムシ油田、モータースポーツときて3回目は里山編です。 採石場を森に戻そうという、ある意味とてもシンプルな解決策。一般的に採石場跡地ってどういう使われ方をしているのかなと思って検索してみたところ、出てきたのが環境省のグッドライフアワードで環境大臣賞を受賞したこちらの企業。採石業者自らが採石場を里山として再生させ、大規模農業を行…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア モータースポーツ編

ミドリムシ油田編に引き続き、無責任にアイディアを出していきます。考えるだけならタダなのでご利用はご自由に(笑) 岩井の奥の方にクルマを走らせる場所を作るって話があるという噂を聞きました。自分自身もクルマ好きなので、調べてみるとこんなものがヒットしました。 会員制ドライブコース https://minkara.carview…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア ミドリムシ油田編

購読しているメルマガでミドリムシから石油をとるという話がでていたので、ちょっとググってみました。 バイオ燃料の安定大量生産へ、デンソーとユーグレナが微細藻類を持ち寄る https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1902/22/news056.html ユーグレナが取り組むバイオ燃…
コメント:0

続きを読むread more

採石場跡地利用のアイディア 前書き

鋸南富山ICを降りると周辺に汚染土反対の幟や看板が立てられています。最初は3.11の原発事故で出た土の受け入れ候補になっているのかな、と思っていたのですが、どうもそういう話とは別のようです。 問題の概要はこちらのキャンペーンに記載されており(すでにキャンペーンは終了)、なるほどこういう事情なのかということが分かります。 南房…
コメント:0

続きを読むread more

長狭街道 市井原の崩落現場

鋸南町の保田から外房の鴨川に至る長狭街道。房総半島を東西に横断する幹線道路です。 この道路は被災後、夥しい倒木によって通行不能となっていました。 自衛隊を含めた復旧作業が行われて道路は復活しましたが、沿線では生々しい被害を見ることができます。 横根と市井原の間と横根峠を越えた先の平塚で、山の木々が鋭利な刃物で一閃されたかのよう…
コメント:0

続きを読むread more

富浦の新しいカフェVista

新しいカフェがオープンしたとの話を夏頃に聞きました。さっそく行ってみようと思ったところで台風15号による被災となったため保留になったままになっていました。 屋根にブルーシートが掛り、雨漏りしていた2階に広がっていたブルーシートを片付けて、ようやく自由に動けるようになったので2か月ぶりにカフェ巡り再開です。 訪れた…
コメント:0

続きを読むread more

炙りチャーシューメン@麺やすみよし

今日のランチをどうしようかなというところで、久しぶりに麺やすみよしへやってきました。 ここは国道沿いにあって利用しやすく、あんかけ焼きそばが名物です。勝山の名店、住吉飯店の2号店になります。 お腹が空いていたので炙りチャーシューメンを注文しました。 炙って香ばしい、それでいてトロッとしたチャーシューが4枚も入っ…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県のブルーシート展張事業の一例

先日、千葉県のブルーシート展張事業を利用して家の屋根にブルーシートが掛りました。そこで、我が家の被災状況を2回目ですが記事にしようと思います。 9月9日(月)に台風15号による強烈な風によって2階部分の屋根瓦が相当飛ばされてしまい、それが1階の屋根や家の周囲にばらばらと落下していました。戦前の古い瓦なので、無事な部分も浮き上が…
コメント:0

続きを読むread more

滝の不動尊と荒廃した山林

台風15号の被災以来、久しぶりに滝の不動尊の水汲みに向かいました。 雨漏りの激しい我が家は真っ先に風通しをする必要があり、途中寄り道して勝山へ向かうという選択肢はなかったのですが、先日漸く家にブルーシートが掛ったので、ここに来るのは本当に久しぶりです。 いつも通り不動尊の水汲み場の前に車を停めて、前を見るとその光景に…
コメント:0

続きを読むread more